MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2003年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2003年の目次へ

二輪製品ニュース
2003年2月27日
オフロードスポーツバイク「XR250」をモデルチェンジし発売

 Hondaは、扱い易い出力特性の空冷・4ストローク・単気筒250ccエンジンを搭載し、オンロードからオフロードまで軽快で優れた走行性能を発揮する、オフロードスポーツバイク「XR250」をモデルチェンジするとともに、「XR BAJA」もカラーリングを変更し、2月28日(金)より発売する。

  この「XR250」「XR BAJA」は、世界各地の過酷なラリーやレースなどで培った技術をもとに開発した、オフロードスポーツバイクである。また近年は、オフロードユーザーに加え、ストリートユーザー(街中で主に使用するライダー)にも好評を得ているモデルである。
 今回の「XR250」は、新設計タンク及びタンクシュラウドを採用するなど、デザインをモトクロッサーイメージに一新し、躍動的なデザインとしている。走行性能においては、新たに倒立フロントフォークを採用するなど、操縦安定性の向上を実現している。また、前後フェンダー、シートを新形状とすることで、フロントからリアまでアグレッシブなデザインを実現している。
 また「XR BAJA」は、基本性能や装備は従来モデルを継承し、カラーリングを一新。ツーリングシーンや街中で映えるデザインとしている。

XR250
XR250

販売計画台数(国内・年間) 2,500台
メーカー希望小売価格 XR250 509,000円
XR BAJA 519,000円
(地域希望小売価格の一例:沖縄は8,000円高、その他一部地域を除く。)(参考価格。消費税を含まず。)

お客様からのお問合せは、
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。


=XR250の主な特徴=

躍動的な外観デザインに一新
  今回のXR250は、新設計のタンクにタンクシュラウドを採用し、デザインを一新。このタンクシュラウドの採用は、エンジンの冷却効果の向上も実現している。フロントフェンダーは、モトクロッサーCRF450Rをベースに短く後端をカット。リアフェンダーは、空中に向かって跳ね上がるデザインとし、躍動感を増幅している。カラーリングも、CRF450Rイメージの鮮やかな赤色フェンダーやシュラウドが、精悍な印象を与えている。

操縦安定性向上のために倒立フロントフォークを新たに採用
  フロントには、新たに43mm倒立カートリッジタイプのフォークチューブを採用。また、サスペンションストロークを従来より5mm延長し、衝撃吸収性を高めるとともに剛性の向上により、優れた操縦安定性を実現している。

デジタルCDIユニット採用による最適な点火タイミングを実現
  スロットル開度に応じ最適なエンジン点火タイミングを実現する、デジタルCDIユニットを採用。スロットル開度10%から20%の領域でのレスポンスをさらに向上させることにより、低・中速域で優れたコントロール性を発揮している。

アナログスピードメーターを採用
  スピードメーターは、悪路走行でも目視しやすいアナログタイプを採用している。

盗難抑止に効果的な装備
  盗難抑止機能として、イグニションキーシリンダーには強化コンビロックの採用や別売のアラームキット※1が取り付け可能なプレワイヤリングを装備している。
※1 アラームキット…車体の揺れ、移動等があればアラーム音で警告する盗難抑止システム。

車体色 XR250 ファイティングレッド
XR BAJA ブラック

主要諸元

通称名 XR250 XR BAJA
車名・型式 ホンダ・BA-MD30
全長×全幅×全高(m) 2.175×0.805×1.190 2.140×0.820×1.220
軸距(m) 1.425 1.420
最低地上高(m) 0.285 0.260
シート高(m) 0.875 0.860
車両重量(kg) 133 137
乾燥重量(kg) 119 119
乗車定員(人) 2
最小回転半径(m) 2.2 2.1
エンジン型式 MD17E(空冷・4ストローク・OHC・単気筒)
総排気量(cm3) 249
内径×行程(mm) 73.0×59.5
圧縮比 9.3
最高出力
(kW[PS]/rpm)
21[28]/8,000
最大トルク
(N・m[kg・m]/rpm)
25[2.6]/7,000
燃料消費率(km/L) 40.0
(60km/h定地走行テスト値)
キャブレター形式 VE88
始動方式 セルフ式
点火方式 CDI式バッテリー点火
潤滑方式 圧送式(ドライサンプ式)
燃料タンク容量(L) 9.7 14
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.769
2 速 1.882
3 速 1.380
4 速 1.083
5 速 0.923
6 速 0.814
減速比(1次/2次) 3.100/3.076
キャスター角(度)/
トレール量(mm)
26°30´/105 26°25´/99
タイヤサイズ 3.00-21 51P
4.60-18 63P
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル

関連情報 2輪製品のページへ

FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ