MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2002年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2002年の目次へ

四輪製品ニュース
2002年10月11日
第36回 東京モーターショー Honda商用車の展示概要について

 Hondaは、10月29日(火)から11月3日(日)まで千葉・幕張メッセで開催される「第36回東京モーターショー −商用車−(2002年)」(主催:社団法人 日本自動車工業会)における、Hondaの展示概要について発表した。

 今回Hondaは、製品を通じていつも楽しさと喜びを提供したいという思いから、“Fun! for All”を展示テーマに設定。仕事を楽しみながら快適に働く“Smart Working” という考え方にもとづいたコンセプトカーをはじめ、多彩な市販商用車や、燃料電池車として世界初の米国政府認定を取得した「FCX」などを展示し、Hondaの提案する生活をより快適にするクルマのあり方と、環境や安全に対する取組みをテーマごとにわかりやすく紹介する。
アクティ・コンポ(参考出品車)   アクティ・スポーツ(参考出品車)
アクティ・コンポ(参考出品車) アクティ・スポーツ(参考出品車)
 
モビリオ スパイク・プロ(参考出品車)   アクティ・クールシャトル(参考出品車)
モビリオ スパイク・プロ(参考出品車) アクティ・クールシャトル(参考出品車)


展示内容
<メイン・プレゼンテーションステージ>では、“Smart Working”というコンセプトから生まれた、「アクティ・コンポ」「アクティ・スポーツ」「モビリオ スパイク・プロ」を展示。自由な発想でクルマの使い道を広げ楽しむことを、映像を交えて紹介する。

<サブ・プレゼンテーションステージ>では、軽商用バンとして、世界で初めて助手席位置に冷凍庫を搭載した「アクティ・クールシャトル」を紹介する。

<FCXコーナー>では、年内の販売に向けて世界初の米国政府認定を取得した、燃料電池車「FCX」を展示。Hondaの環境に対する最先端の取組みを紹介する。

<ドライビングシミュレーター体験コーナー>では、Hondaが開発したモーションベース付き安全教育用四輪ドライビングシミュレーターを用意。実際に運転中に遭遇しやすい危険パターンを体験できる。

<市販車コーナー>では、さまざまな場面で活躍するアクティシリーズをはじめとする市販商用車と、福祉車両の「ストリーム・アルマス」を展示する。


出展車両一覧●は参考出品車、○は市販車。
<メイン・プレゼンテーションステージ>
  ●アクティ・コンポ
●アクティ・スポーツ
●モビリオ スパイク・プロ
 
<サブ・プレゼンテーションステージ>
  ●アクティ・クールシャトル
 
<FCXコーナー>
  ●FCX
 
<市販車コーナー>
  ○パートナー
○アクティ・ダンプ<大型鳥居>
○アクティ・リフターW
○アクティ・フレッシュデリバリー<冷凍>
○アクティ・2輪搬送車
○アクティ・ローリー
○ストリーム・アルマス

お客様からのお問い合わせは、
「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

関連情報 FACT BOOKのページへ



プレスルームへプレスインフォメーションへ