MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

その他のニュース
2001年10月10日
Hondaレーシングドライバー育成プログラム卒業生
佐藤琢磨選手、F1ドライバーに


 Hondaは、世界で活躍する日本人ドライバーを育てる「Hondaレーシングドライバー育成プログラム」の卒業生である佐藤琢磨選手が、ジョーダン・Hondaのドライバーとして2002年からF1グランプリにフル参戦すると発表した。
 佐藤選手は、1997年、育成プログラムの一環である鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)に参加、全日本F3を経て、2000年からはイギリスF3に参戦。2001年、同選手権において26戦中12戦優勝し日本人初のシリーズチャンピオンを獲得した。さらに、世界のF3ドライバーが世界一の座を競う「2001年国際マールボロ・マスターズ」においても日本人として初めて優勝するなど輝かしい成績を飾っている。

佐藤琢磨選手のコメント
「今年はイギリスF3選手権の制覇、マールボロ・マスターズの優勝、そしてF1テストドライバーとして自分を大きくアピールでき、その結果としてエディー・ジョーダン氏が僕に素晴らしいチャンスを与えてくれたことをとても感謝しています。
Hondaエンジンを積むジョーダン・グランプリのドライバーとして、2002年からF1世界選手権へ参戦することは、僕にとって大きな誇りであり、体が震えるほど興奮しています。
僕がモーターレーシングの世界へ飛び込んだのは、1997年の「SRS-F」からです。それまでレースキャリアを全く持たなかった僕にとっては、「SRS-F」こそが最短距離で上級カテゴリーへ駆け上がれる重要なステップでした。壮大なチャレンジへ向けて、今ここに立てたことが、本当の意味でのスタートラインだと思っています。この場を借りて、僕を応援して頂いたすべての方々に対して感謝の意を表します。」

本田技研工業(株)専務取締役 福井威夫のコメント
「佐藤琢磨選手が、来年からF1選手権にフル参戦することを聞き、大変嬉しく思っています。佐藤選手は今年、日本人として初めて英国F3チャンピオンになるなど、ヨーロッパでも高い評価をうけています。Hondaの人材育成プログラム卒業生のなかからF1ドライバーが誕生したことをたいへん誇りに思い、また、今後の活躍を大いに期待しています。」

佐藤琢磨 (さとう たくま)プロフィール

1977年1月28日生まれ、東京都出身
身長:163cm 体重:60kg 血液型:RH+A

おもな戦績
1997年 鈴鹿レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を首席で卒業、スカラシップを獲得
 
1998年 全日本F3選手権参戦
7月、渡英しフォーミュラ・ボクゾール・ジュニア他へ参戦
 
1999年 F−OPEL イギリス選手権 2位/Euroシリーズ 6位
イギリスF3 ナショナルクラス参戦 3勝
 
2000年 イギリスF3参戦 ポールポジション6回、優勝4回 シリーズ3位
 
2001年 イギリスF3参戦 ポールポジション6回、優勝12回 チャンピオン獲得
F1イギリスGPサポートF3レース 優勝
マールボロ・マスターズ 優勝



プレスルームへプレスインフォメーションへ