MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

その他の情報
2001年6月20日
“2001 JAPAN GT RACE Malaysian Round” Honda NSX−GT 4チーム/5台体制で参戦

 Hondaは、6月23日〜24日、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催されるJGTCスペシャル・ステージ「2001 JAPAN GT RACE Malaysian Round」に、国内の全日本GT選手権(JGTC)と同じ4チーム/5台の体制で参戦する。

 Hondaは、(株)無限と(株)童夢の共同プロジェクト「無限×童夢プロジェクト」を支援、N-GT仕様Honda NSXを開発し、1997年全日本GT選手権シリーズ第2戦より2チーム/2台体制で参戦を開始した。翌1998年からは4チーム/4台での参戦となり、第4戦の初優勝から4連勝を記録するなど活躍、毎年熟成を重ねていった。
 2000年、NSX-GTはさらに体制を拡大し、4チーム/5台で挑戦。念願のシリーズチャンピオンをドライバー、チームの両部門とも獲得した。また、国内GTレース初の海外レースとなった「JAPAN GT FESTIVAL IN MALAYSIA」では、予選でポールポジション、決勝でも2・3・5・6位と活躍した。
 本年は、参戦体制は昨年と同様の4チーム/5台で2001 JGTCへ挑戦。第3戦を終了した時点で、ドライバー並びにチーム部門のランキング1〜2位を占めている。

勢揃いした5台のHonda NSXと10名のドライバー
勢揃いした5台のHonda NSXと10名のドライバー

◆「2001 JAPAN GT RACE Malaysian Round」参戦チーム体制
No. マシン名 エントラント名 監督 ドライバー
1 ロックタイト 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト 熊倉 淳一 道上 龍
光貞 秀俊
18 TAKATA 童夢 NSX 加藤 寛規
セバスチャン・フィリップ
8 ARTA NSX AUTOBACS RACING
TEAM AGURI
鈴木 亜久里 土屋 圭市
金石 勝智
64 Mobil 1 NSX Mobil 1
Nakajima Racing
中嶋 悟 ドミニク・シュワガー
松田 次生
100 RAYBRIG NSX チーム国光
With MOONCRAFT
高橋 国光 飯田 章
伊藤 大輔

《車両概要(2001年N-GT仕様 NSX)》

型式 GH-NA2
全長×全幅 4,430×1,910(mm)
ホイールベース 2,530(mm)
トレッド(フロント×リア) 1,600×1,585(mm)
重量 1,100kg以上
フレーム アルミモノコック構造+鋼管ロールゲージ+CFRP補強



型式 C32B(DOHC VTEC)ベース
形式 水冷V型6気筒横置
総排気量 3.5L
燃料供給形式 PGM・FI
点火形式 PGM・IG
バルブ形式 DOHC 4バルブ
最高出力 480PS以上
最大トルク 40kg-m以上
ミッション ヒューランド製6速シーケンシャル
サスペンション ダブルウィッシュボーン+
ショーワ製インボードダンパーユニット
ブレーキ ALCON製フロント6ポット&リア6ポットキャリパー
タイヤ フロント310/30R18:リア330/40R18


ロックタイト 無限 NSX   ARTA NSX
1 ロックタイト 無限 NSX
道上 龍
光貞 秀俊
8 ARTA NSX
土屋 圭市
金石 勝智
18 TAKATA 童夢 NSX 64 Mobil 1 NSX
18 TAKATA 童夢 NSX
加藤 寛規
セバスチャン・フィリップ
64 Mobil 1 NSX
ドミニク・シュワガー
松田 次生
100 RAYBRIG NSX  
100 RAYBRIG NSX
飯田 章
伊藤 大輔
 


プレスルームへプレスインフォメーションへ