MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

2001年08月07日

「Honda環境年次レポート2001」を発行

 Hondaは、2000年度の日本国内での環境保全に関する取り組み実績と2001年度目標をまとめた「Honda環境年次レポート2001」を発行した。 本レポートの発行は、1999年1月、7月、2000年8月に続くもので、第四号となる。

今回発行するレポートの特徴は、1999年9月に公表した、四輪車、二輪車、汎用製品における「燃費向上と排出ガス・クリーン化を目指した2005年目標」に対する推進状況を、データを中心に、活動事例と合わせ公表したことにある。この「2005年目標」に対する四輪車、二輪車、汎用製品の各製品における推進状況は、2001年3月末時点、平均で約60%の達成率となっている。

本レポートで公表している主な2000年度(1999年4月~2000年3月)実績は以下の通り:

2005年目標と推進状況(抜粋)

四輪車の排出ガス・クリーン化と燃費向上目標

  • HC、NOxの総排出量を約75%削減(95年比)
  • 平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を全車で達成
  • 平均燃費を約25%向上(95年比)

に対しては、それぞれ目標に対して約60%の達成率となった。
(他の目標と推進状況の詳細は下表参照。)

「燃費向上と排出ガス・クリーン化を目指した2005年目標」詳細

    目標 推進状況
四輪車 排出
ガス
2005年までに新車のHC、NOxの総排出量を約75%削減(95年比) 総HC排出量は約41%削減、総NOx排出量は約56%削減となった。(95年比)
2002年までに、平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を全車で達成 全販売型式の62%が平成12年排出ガス規制値を50%以上下回った。
燃費 2005年までに、平成22年新燃費基準をすべての重量カテゴリーで達成 車両重量対象6区分中1区分で上回った
2005年までに、平均燃費を約25%向上(95年比) 約16%の向上(95年比)
二輪車 排出
ガス
2005年までに、新車のHC総排出量を約1/3に削減(95年比)※1 既に1/3を下回る総排出量(約26%)を達成。
燃費 2005年までに、平均燃費を約30%向上(95年比)※2 約12%向上(95年比)
汎用製品 排出
ガス
2005年までに、HC、NOxの平均排出量を約30%削減(95年比) 約19%削減(95年比)
燃費 2005年までに、平均燃費を約30%向上(95年比) 約16%向上(95年比)
  • ※1日本、米国、欧州、タイの総量
  • ※2日本、米国、欧州、タイの総量平均

その他の主な実績

平成22年燃費基準値クリア型式数

54型式(国内総販売台数の36%)

環境保全コスト

966億円

廃棄物社外処理量

2000年7月に全7生産事業所にて、廃棄物社外埋め立て処理のゼロ化を達成。

CO2排出量

13.79C-万※トン
(生産量6%増加に伴う総排出量増加に対し4.4%削減)

※C- :CO2を炭素換算で表わす単位

尚、本レポートは、8月8日(水)より、Hondaホームページからダウンロード可能となる。

http://www.honda.co.jp/environment/publications/pdf/2001_report_full.pdf

本レポートの内容に関するお問い合せ、お申し込み先

お問い合せ先

環境安全企画室
電話03-5412-1155(直通)

お申し込み先

お客様相談センター
フリーダイヤル 0120-112010
(受付時間9時~12時/13時~17時)