MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2001年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2001年の目次へ

Hondaの情報
2001年7月2日
マレーシア四輪新会社営業開始
本田技研工業(株)のマレーシアにおける四輪車生産・販売合弁会社であるディーアールビーオリエンタルホンダ(本社:クアラルンプール、社長:尾満)は、マレーシア時間2001年7月2日午後2時(日本時間同午後3時)に以下を発表いたしますので、その内容をご案内いたします。

<ご参考>
Hondaのマレーシアにおける四輪車生産・販売合弁会社であるディーアールビーオリエンタルホンダ(社長:(みつる) 以下DRBオリエンタルホンダ)は、これまでの総代理店であったカーモーターより販売権を引き継ぎ、全国39社のディーラーと12のサービスセンターとのディーラー契約の調印式を行い、本日営業を開始した。
 これにあわせ、DRBオリエンタルホンダは、マレーシア市場におけるHondaの2001年の販売計画は8,000台であること(カーモーター既販売分を含む)、また、既存のシティタイプZに内装を一新しVTECエンジンを装備したモデルをタイプ追加することを発表した。

 DRBオリエンタルホンダは6月にディーアールビーハイコムグループからのマラッカ州ペゴーに 四輪車新工場建設用地購入を決定。新工場は9月に着工し、生産開始は2003年初めを予定している。総投資額は1億7千万リンギット(約55.6億円)この新工場稼動までは、現在生産を委託しているオリエンタルアッセンブラーでの生産を継続する。

 また、DRBオリエンタルホンダでは、スペアパーツの供給の部品倉庫をクラン港に建設し、ディーラーへの部品供給の大幅なスピードアップを図る、またアクセサリーパーツのワランティの適用拡大するなど、商品面に加えサービス面でもお客様の最高のご満足が得られるよう努力していく。

<合弁会社DRB-Oriental-Honda Sdn.Bhd.概要>
事業内容 四輪車完成車・部品製造販売
設立 2000年11月
授権資本金 5億リンギット(約164億円)
従業員数 60名
出資者 本田技研工業(株) :49%
DRBハイコム :36%
オリエンタルホールディングス :15%
生産能力 年産2万台
年産販売機種 アコード、シビック、シティ、CR-V
*1リンギット=約32.72円(2001年6月27日現在)


プレスルームへプレスインフォメーションへ