MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
2000年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■2000年の目次へ


その他のニュース


2000年1月17日
2000年HONDA四輪モータースポーツ計画
四輪参戦計画について


【海外活動】

[米国]

CART チャンピオンシップ・シリーズ
 
アメリカンホンダの子会社ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(Honda Performance Development, Inc.)社は、2000年のCART/FedExチャンピオンシップ・シリーズ(FedEx Championship Series)へ、エンジンサプライヤーとして継続参戦する。
エンジンは新たにHR-0エンジンを開発。チームは、アメリカでのレースで通算202勝という記録を持つマールボロ・チーム・ペンスキーが新たにホンダ・ターボV-8ユーザーチームとして加入し、チーム・クール・グリーン、ウォーカー・レーシング、マクドナルド・チャンピオンシップ・レーシングの4チームとなる。ドライバーは、元F1ドライバー中野信治がウォーカー・レーシングに加入、ジル・ド・フェランはマールボロ・チーム・ペンスキーへ移籍し、エリオ・カストロ・ネベスと新たなコンビを組むこととなり、合計4チーム6名の体制となる。
また、CART Championship Seriesの活性化を願い、本年もシリーズの内2レースへのサポートを継続する。
 
●参戦体制
 
チーム名 ドライバー(国籍) シャシー/
タイヤ
マールボロ・チーム・ペンスキー(Marlboro Team Penske) ジル・ド・フェラン(ブラジル)
(Gil de Ferran)
エリオ・カストロ・ネベス(Helio Castro-Neves)(ブラジル)
レイナード/
ファイアストン
チーム・クール・グリーン
(Team KOOL Green)
ポール・トレイシー(カナダ)(Paul Tracy)
ダリオ・フランキッティ(Dario Franchitti)(スコットランド)
レイナード/
ファイアストン
ウォーカー・レーシング
(Walker Racing)
中野 信治(日本)
(Shinji Nakano)
レイナード/
ファイアストン
マクドナルド・
チャンピオンシップ・レーシング(McDonald's Championship Racing)
ブライアン・ハータ(アメリカ)
(Bryan Herta)
スイフト/
ファイアストン
 
エンジン概要
  型式 HR-0
形式 水冷V型8気筒 DOHC 32バルブ ターボチャージャー付き
総排気量 2.65L
フューエルインジェクション
  ホンダ・モトローラ PGM-FI
イグニッション ホンダ・TDK CDI
燃料 メタノール
最高出力 850PS/15,000rpm以上(40inch boost)


F1世界選手権
 
車体技術者を含めた次世代の技術者の育成、革新技術をスピーディに開発し投入できる体制づくり、ファンの皆様と夢を分かち合い、グローバルなホンダブランドイメージを向上させることを目的に、ブリティッシュ・アメリカン・レーシング(British American Racing)とジョイントし、「ブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダ」として、F1世界選手権へのチャレンジを開始する。
英国バークシャー州に拠点を置くホンダ・レーシング・ディベロップメント(Honda Racing Development Ltd.)を前線基地として、開発初期段階から車体とのマッチングを考慮した新設計V10エンジン「ホンダRA000E」を開発、実戦に投入する。
すでに、ホンダRA000Eを搭載したニューマシン「BAR002」は、昨年12月にシェイクダウンテスト等の初期テスト走行を終え、開幕に向け準備を整えている。
 
チーム概要
  FIA登録チーム名 ラッキーストライク レイナード ブリティッシュ アメリカン レーシング BAR ホンダ
Lucky Strike Reynard British American Racing BAR Honda
マネージング・ダイレクター
  クレイグ・ポロック(Craig Pollock)
テクニカル・ディベロップメント・ダイレクター
  エイドリアン・レイナード(Adrian Reynard)
所在地 英国ノーザンプトン州ブラックリー
車両 BAR002
ドライバー ジャック・ビルヌーブ(Jacques Villeneuve 国籍:カナダ)
リカルド・ゾンタ(Ricardo Zonta 国籍:ブラジル)
 
ホンダ・レーシング・ディベロップメント概要
  社名 ホンダ・レーシング・ディベロップメント
Honda Racing Development Ltd.
社長 田中 詔一
テクニカル・ダイレクター
  西澤 一俊
所在地 英国バークシャー州ブラックネル
活動内容 F1レース活動の前線基地として
・エンジンのメンテナンス
・車体技術の日本へのフィードバック
・渉外/広報活動 等
 
2000年ホンダF1エンジン概要
  型式 ホンダRA000E
形式 3.0L V型10気筒 自然吸気
出力 800馬力以上
バルブ駆動 エアーバルブ(4バルブ/気筒)
吸気 可変吸気


[欧州]

欧州ツーリングカーレース
 
'99モデルとしてフルモデルチェンジをした英国製(Honda of the U.K. Manufacturing Ltd.生産車)アコードをベースとした3台が、英国ツーリングカー選手権シリーズ(Auto Trader RAC British Touring Car Championship:通称/BTCC)にチーム・ホンダ・スポーツから参戦。
ドライバーは、ジェームス・トンプソン(James Thompson)、トム・クリステンセン(Tom Kristensen)、ガブリエル・タルキーニ(Gabriele Tarquini)の3名が予定されている。


[国内]

全日本GT選手権(JGTC)
 
'97年より、国内レーシングカー・コンストラクター(株)童夢と(株)無限の共同事業「無限×童夢プロジェクト」を結成。N-GT仕様NSXを開発し、JGTCへ参戦してきた。本年は、さらに開発・熟成を進めた2000年型ホンダNSXを「無限×童夢プロジェクト」より、JGTC参戦チームへ供給すると同時に、「無限×童夢プロジェクト」もレーシングチームとして参戦する。チーム体制は新たなチームを加えた新体制となり、4チーム/5台が参戦する。
 
《車両概要(N-GT仕様 ホンダNSX)
 

型式
全長×全幅
ホイールベース
トレッド(フロント×リア)
重量
フレーム
NA2
4,430×1,910(mm)
2,530(mm)
1,580×1,585(mm)
1,100kg以上
アルミモノコック構造+鋼管ロールゲージ+CFRP補強



型式
形式
総排気量
燃料供給形式
点火形式
バルブ形式
最高出力
最大トルク
C32B(DOHC VTEC)ベース
水冷V型6気筒横置
3.5L
ホンダ PGM・FI
ホンダ PGM・IG
DOHC 4バルブ
480PS以上
40kg-m以上
ミッション ヒューランド製 6速シーケンシャル
サスペンション ダブルウィッシュボーン+
ショーワ製 インボードダンパーユニット
ブレーキ AP製 フロント6ポット&リア4ポット キャリパー
タイヤ フロント 280/35R18:リア 330/40R18
 
《参戦体制(ゼッケン順)
 
No. マシン名 エントラント名 監督 ドライバー
8 ARTA NSX AUTOBACS RACING
TEAM AGURI
鈴木 亜久里 鈴木 亜久里
土屋 圭市
16 Castrol 無限 NSX 無限×童夢プロジェクト T.B.A 中子 修
道上 龍
18 TAKATA 童夢 NSX 脇阪 寿一
金石 勝智
64 Mobil 1 NSX Mobil1 Nakajima Racing 中嶋 悟 TBA
TBA
100 T.B.A チーム国光
with MOONCRAFT
高橋 国光 飯田 章
服部 尚貴
※後日発表

無限への開発技術支援
 
(株)無限へのF1をはじめとするエンジン開発技術支援、JGTCやシビックレースなどの車両やパーツの開発、及び様々な実験的車両の開発技術支援を継続。



2000年HONDAモータースポーツ計画へ


プレスルームへプレスインフォメーションへ