MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

2000年02月14日

介護車仕様・軽自動車「ライフ アルマス」を新発売

 本田技研工業(株)は、軽乗用車「ライフ」に、電動・助手席昇降シートと軽自動車では初めて「車いす立て置き収納装置」を装備した介護車仕様「ライフ アルマス」を設定。 3月15日(水)から全国のホンダプリモ店より発売する。

介護車仕様「ライフ アルマス」Gタイプ

介護車仕様「ライフ アルマス」Gタイプ

 この「ライフ アルマス」は、介護を必要とする方にも、介護者にも、安心感と快適性に優れ、使い勝手の良い福祉車両として開発。室内空間を有効活用し、簡単で操作性、利便性の高い介護仕様の装備を充実させている。
福祉車両のアルマスシリーズは、ロゴ アルマス(自操車仕様/介護車仕様)やステップワゴン アルマス(介護車仕様)のバリエーションを揃えている。なお、架装業務はホンダ特装(株)が行う。

販売計画台数(国内・年間)

400台

「ライフ アルマス」の主な特長

取り回しが良く経済的な「ライフ」のGタイプ、Tタイプに、操作性・機能性に優れた「助手席回転・昇降シート」と、手動の「車いす(折りたたみ式)・収納装置」を装備した。

  • 助手席回転・昇降シート
  • スムーズで安定した作動の電動油圧式・昇降装置を採用(最大昇降能力100kg)。乗降時は、シートを手動で回転させ、昇降ボタンの操作によって電動での昇降を可能とするなど操作性を向上。
  • リクライニング機構や、昇降時・走行中の横揺れから上体をサポートするサイドアシストバー、胸部固定ベルト及びフットプレートなどを装備。
  • 助手席側のドアは、大きく開口する専用設計により、シートと車いす間の移動がしやすく、介護者の負担も軽減。
  • 車いす 立て置き収納装置(回転機構付き)
  • 軽自動車としては初採用の車いす・立て置き収納装置の採用により、折りたたんだ車いすを立てた状態で収納、ガスダンパーを併用したリフター機構により、手や衣類を汚さず簡単に収納が可能。
  • 車いすの収納時でも3名乗車を確保、収納しない時には収納装置を回転させて荷室に格納し、4名乗車が可能なホンダ独自の省スペース設計。
  • 自操式や介護式など、幅広いタイプの折りたたみ式車いすの収納が可能(重量20kg以下)。

全国希望小売価格

(消費税は非課税対象。単位千円)

★印は写真掲載

タイプ エンジン 駆動方式 価格  
G 660cc SOHC
HONDA LEV
FF 1,466
T 1,607  

注)1.価格は5速マニュアルトランスミッション車。
  2.コラムシフト3速オートマチック車は 50千円高。
  3.4WD車は120千円高。
  4.メーカーオプションは、ベース車同様(オートエアコン設定は除く)。
   ABS(4輪アンチロックブレーキシステム)+ブレーキアシスト 50千円高。等
  5.主な標準装備
   ・両席SRSエアバッグシステム ・パワーウインドウ ・キーレスエントリーシステム
   ・マニュアルエアコン(Gタイプ)、オートエアコン(Tタイプ)

  • アルマス ALMAS
    スペイン語の「心=ALMA」からアレンジした造語。ホンダとして心を込めて開発した気持ちを表現している。