ニュースリリース

1999年08月24日

中型除雪機「スノーファイターHS2411ZJ」を新発売

    本田技研工業(株)は、パワフルな24馬力Vツインエンジンを搭載した中型除雪機「スノーファイター HS2411ZJ」を11月15日(月)より全国のホンダ汎用商品取扱店より発売する。また、一部改良したHS1810ZJ ※1を10月15日(金)より、フルモデルチェンジしたHS2011ZK1J※2を11月15日(月)より発売する。

HS2411ZJ

HS2411ZJ

    この中型除雪機は、油圧式無断変速機や故障自己診断機構などを装備し使い勝手を向上するとともに、大型ガソリンタンクを採用し4時間の連続運転を可能としている。また「HS2411ZJ」にはクリーンな排出ガスや抜群な経済性、信頼性と容易なメンテナンスや始動性をあわせもったホンダVツインエンジンGX670 17.7kW(24馬力)(4ストロークV型2気筒OHVエンジン)を搭載しパワフルな除雪能力を発揮する。これにより、ホンダ除雪機シリーズは、飛ばすタイプ17機種21タイプ、押すタイプ3機種4タイプの計20機種25タイプとなり、積雪量や作業条件等、用途に応じた幅広い選択が可能となった。

  • 1:エンジンを13.2kW(18馬力)にアップ
  • 2:除雪能力や作業性をアップ

主な特徴

  • 空冷4ストロークV型2気筒(OHV)ガソリンエンジンを搭載
  • 早朝の低温時でもスムーズに始動し、粘り強く安定したパワーを発揮。
  • 油圧式無段変速機(HST:ハイドロ・スタティック・トランスミッション)
  • 雪質や積雪量、歩く速さなどの作業状況にあわせて、車速を無段階に自在に調整可能。
  • 故障自己診断機構
  • エンジンの油圧低下、バッテリーの容量不足、シューターが開いている、及び非常停止装置が作動している時は操作パネル内のランプが点灯。
  • オーガの昇降支点位置を見直し、雪への食込み性能を大幅にアップ。
  • 25L大型ガソリンタンク採用により、連続運転可能時間を4時間にアップ。(HS2011ZK1J、HS2411ZJ)
  • オーガ上昇速度28%アップ。昇降量22%アップ。(HS2011ZK1J/HS2411ZJ、旧HS2011比)
  • 「除雪クラッチ」「走行クラッチ」の切替がボタン操作で行なえ、クラッチONの状態でエンジンを切っても自動的にクラッチをOFFにし、すぐに再始動する事を可能とした。
  • 段切り作業用カウンターウエイトをオプション設定。

全国希望小売価格(国内)

HS1810ZJ

1,148,000円

HS2011ZK1J

1,348,000円

HS2411ZJ

1,498,000円

販売計画台数(国内・年間)

シリーズ合計

710台

主要諸元

名称 スノーファイター
機種名 HS1810ZJ HS2011ZK1J HS2411ZJ
全長(mm) 2,200 2,330
全幅(mm) 1,000 1,100
全高(mm) 1,650 2,040
乾燥重量(kg) 447 565
除雪装置形式 2ステージ
除雪幅(mm) 1,000 1,100
除雪高(mm) 670 740
最大除雪量(ton/h) 108 120 135
最大投雪距離(m) 25
投雪口 回転・上下角度 回転260°、上下90°
エンジン形式 空冷4ストロークV型2気筒(OHV)
最大出力[kW(PS)/rpm] 13.2(18)/3,600 14.7(20)/3,600 17.7(24)/3,600
始動方式 セルフスターター
点火方式 トランジスタ式マグネト
使用燃料 自動車用ガソリン
燃料タンク容量(L) 13 25
変速段数 油圧式無段変速
作業灯 (丸型)12V-15W、(角型)12V-23W