MENU

HONDA

検索
Hondaホームページへ
プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

ホンダの情報
1999年12月17日
ブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダ、ヘレス・テスト終了。
ホンダは 現地時間1999年12月16日(木)スペイン ヘレスにおいて2000年F1シーズンに向けたブリティッシュ・アメリカン・レーシング・ホンダにとって初めての本格テストを実施、予定されたプログラムをすべて無事消化し終了した。4日間にわたり200周以上のプログラムを消化したことで、新型RA000Eエンジンについて、多くのデータを収集することが出来た。

12月13日(月)にテストドライブを務めたリカルド・ゾンタに替わって、12月14日(火)から12月16日(木)までの3日間はジャック・ビルヌーブがステアリングを握り1分25秒722とまずまずの走行タイムだった。新開発のホンダV10の性能を十分に試すことが出来たビルヌーブにとって、その第一印象は非常に良いもので、「すべてが本当にうまくいった。今週の我々の成果には満足している。これから解決しなくてはいけない問題はいくつか残っているが、それは当然のことだからね」と、コメント、また、ホンダのF1プロジェクトの責任者である保坂武文(本田技術研究所、マネージング・ダイレクター)は「今回のヘレステストではエンジンのデータ収集を含め、予定していた全てのプログラムを消化出来た非常に収穫の多いテストとなった。最終日となった今日はレースシミュレーションテストも実施し、今回のテスト中最高の合計70周以上をほぼ予定通り走行できたことは、我々ホンダのエンジニアはもちろんBARスタッフも含めたチーム全員の努力の成果だと思う。もちろん、いくつか解決しなければならない技術的問題点も確認できたが、想像以上に我々のエンジンに対するドライバー及びチームの評価が高く、2000年シ−ズン開幕に向けて着々と準備が進んでいると認識している」とコメントした。

BAR002 1号車


プレスルームへプレスインフォメーションへ

フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ