MENU

HONDA

検索
Hondaホームページへ
プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

ホンダの情報
1999年10月14日
ホンダ、「1999年グッドデザイン賞」エコロジーデザイン賞 他を受賞

<ご参考>

本田技研工業(株)は、財団法人 日本産業デザイン振興会の「1999年グッドデザイン賞」の特別賞 エコロジーデザイン賞[通商産業大臣賞]に、同社の近未来型地域交通システム「ICVS」(Intelligent Community Vehicle System)が選出されたと発表した。
また、量産ガソリン車として世界最高の低燃費を実現した「インサイト」やリアルオープンスポーツカー「S2000」を含む6製品および施設がグッドデザイン賞に選定された。 また、ホンダの子会社である(株)ツインリンクもてぎも施設部門でグッドデザイン賞を受賞した。

ICVSは生活圏や限定された地域において小型の電気自動車や二輪車など数種類の乗り物を用途に合わせて会員相互で共同利用し、広範囲の移動は自動車や他の交通機関を利用することで、車による環境への影響を軽減することを目的にした地域交通システム。 ホンダはこのシステムを1998年3月よりツインリンクもてぎ内に導入し、交通問題解消に向けて具体的な提案をしてきたが、このシステムの優れた提案性と自動車メーカーとして未来を見据えたテーマ設定が高く評価され、エコロジーデザイン賞受賞となった。

その他の受賞品目及び受賞理由は以下の通り:
部門 製品名・施設名 受賞理由
四輪車 HR-V 5ドア 新しいパッケージの提案とオリジナリティ高い造形
S2000 スポーツカーとしてのデザインの完成度と、高い技術による運動性能と環境性能の両立
インサイト 徹底した空力性能を考慮したボディ造形とハイブリッド技術を用いた超低燃費エコロジーデザイン
二輪車 ジョルノ クレア 身近な商品への優れた環境性能技術の導入
汎用 4サイクル刈払機
刈丸4、UMK422/431
(ファインスロットル仕様)
4サイクルエンジンを用いた環境性能のよさと使い勝手の良いデザイン
その他 ホンダ ファン ファン ラボ ホンダの現在の企業活動と近未来の夢を表現する 新しい提案の仕方
ツインリンクもてぎ 景観に配慮した施設建設の見本となる取り組み

グッドデザイン賞は国内唯一の公的なデザイン表彰制度で、スタイリング、機能、品質、安全性などの基本要件はもちろん、暮らしへの提案までを含んだ質の高さが総合的に審査される。 特別賞であるエコロジーデザイン賞は、地球環境や資源の有効活用に配慮し、生活環境との調和を実現した商品及び施設のうち特に優れていると認められたものに対して与えられる。



プレスルームへプレスインフォメーションへ

フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ