MENU

HONDA

検索
Hondaホームページへ
プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

ホンダの情報
1999年9月6日
ホンダ、二輪車、四輪車、汎用製品における
燃費と排出ガス・クリーン化の2005年目標を発表

本田技研工業(株)は、四輪車、二輪車、汎用製品 それぞれにおける次世代エンジンの技術概要と、2005年を目標年次とした燃費向上と排出ガスのクリーン化目標を発表した。

<四輪車>
  平成22年新燃費基準値を全ての重量カテゴリーで平成17年(2005年)までに達成。
平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を平成14年(2002年)までに全車達成。
2005年までに、平均燃費を1995年比 約25%向上。
2005年までに、新車のHC、NOxの総排出量を1995年比 約75%削減。

四輪車では、低燃費と平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を両立した高性能・軽量コンパクト 次世代2リッター4気筒ガソリンエンジン技術などを公開するとともに、2005年までに全てのエンジンを、次世代エンジン・シリーズに切り替えていく方針を明らかにした。

こうした展開により、四輪車では、国内において2005年までに'95年比で約25%の平均燃費向上と、新車のHC、NOxの総排出量 約75%削減を目指していく。同時に、平成22年新燃費基準値を、全ての重量カテゴリーで5年前倒しの平成17年(2005年)までに達成し、平成12年排出ガス規制値を50%以上下回るクリーン性能を、平成14年(2002年)までに、全車で達成する計画である。

<二輪車>
  2005年までに、平均燃費を1995年比 約30%向上
2005年までに、新車のHCの総排出量を、1995年比 約1/3に削減

二輪車では、今年発売した水冷4ストローク・スクーター「ジョルノクレア」を皮切りに2002年を目標にした4ストローク化展開を進めているが、これに加えて、2005年を目処に、50ccなどの低価格車にも電子燃料噴射仕様を設定していく。

電子制御燃料噴射は、性能と環境を両立するため、四輪車では不可欠になっているが、相対的に価格の低い二輪車においてはコストや技術の課題があり、大排気量車での仕様設定に限られている。ホンダは、こうした課題を乗り越えて 21世紀に相応しい二輪車の基準づくりに向け、世界No.1企業として取り組みを進めていく計画だ。二輪車においては、2005年までに、'95年比で約30%の平均燃費向上と新車のHCの総排出量を約1/3に低減することを目標としている。

<汎用製品>
  2005年までに、平均燃費を1995年比 約30%向上
2005年までに、HC、NOxの平均排出量 1995年比 30%削減

汎用製品も、燃焼室の改良や触媒技術の適用などにより、2005年までに '95年比約30%の平均燃費向上と、HC、NOxの平均排出量 約30%削減を進めていく。

大気汚染や温暖化の課題に現実的に最も効果があるエンジンの進化を、全ての製品で展開することで、ホンダは、世界トップの約1000万台のエンジンを生産する企業としての社会的使命を果たすと共に、心臓部にあたるエンジン性能を向上し、各製品の魅力をさらに高めていく計画である。

以上


プレスルームへプレスインフォメーションへ

フッタ
ホームへ 検索へ お客様窓口へ ご意見・ご感想へ マップへ ホットニュースへ ホームへ