MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

四輪製品ニュース
1999年9月24日
「レジェンド」をマイナーモデルチェンジ
安全・環境性能を一段と向上させて発売


 本田技研工業(株)は、高性能ドライバーズカーとして好評の「レジェンド」を、平成12年排出ガス規制適合のHONDA LEV仕様とし、安全・環境性能を一段と向上をさせ、全国のクリオ店から9月24日(金)より発売する。

 今回採用のHONDA LEVエンジンは、平成12年排出ガス規制値を50%以上下回っており、環境庁技術指針「低排出ガスレベル」(仮称)をも満たしている。規制値適合により、購入時の自動車取得税の1%減税優遇が受けられる。また、走行時、安全性能の更なる向上のために、車両挙動安定化制御システム(VSA)を上級グレードに標準装備した。プレステージ・セダンにふさわしい従来の上質な走行性能と、世界最高水準の安全性能や高い環境性能を高次元で両立している。

レジェンド ユーロ エクスクルーシブ
レジェンド ユーロ エクスクルーシブ

販売計画台数(国内・月間)

500台

主な変更点
〈環境性能と走行性能の両立〉
  平成12年排出ガス規制に適合したHONDA LEV仕様の3.5L V型6気筒 24バルブエンジンを全車に搭載。プレステージ・セダンに求められるエンジンパワー、トルク、燃費など従来の走行性能を維持しながら、高い環境性能の両立を実現している。
排出ガス中の有害物質(CO、HC、NOx)は平成12年排出ガス規制値を50%以上下回っている。
〈安全性能〉
  ブレーキ時の車輪ロックを防ぐABS、加速時の車輪空転を防ぐTCS(トラクションコントロールシステム)、さらに旋回時の横すべり制御など、3つの機能をトータルでコントロールする車両挙動安定化制御システム(VSA)を設定した。(ユーロ エクスクルーシブ、エクスクルーシブには標準。ユーロ、レジェンドはオプション設定。但し、ABSは全車標準装備。)
VSAは、さまざまな路面状況でも、クルマを正確にコントロールするアシスト機能として働き、ドライバーに大きな安心感とゆとりを与え、安全性能の向上を図っている。
*VSA:ビークル・スタビリティ・アシストの略。

希望小売価格(消費税含まず、単位:千円) ★印は掲載写真のタイプ
タイプ 東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌 沖縄  
ユーロ 3,380 3,389 3,396 3,411 3,398 3,427 3,461  
レジェンド 3,480 3,489 3,496 3,511 3,498 3,527 3,561  
ユーロ エクスクルーシブ 4,060 4,069 4,076 4,091 4,078 4,107 4,141
エクスクルーシブ 4,220 4,229 4,236 4,251 4,238 4,267 4,301  
※全車、7ポジション電子制御4速オートマチック車。
※主なメーカーオプション
  プレミアムホワイトパール外装色 30千円
VSA (ユーロ/レジェンド以外は標準装備。但し、ABSは全車標準。) 140千円
ホンダDVDナビゲーションシステム(ふらつき運転検知機能付)インターナビシステム対応 280千円
Luxmanピュアサウンドオーディオシステム 150千円
チルトアップ機構付電動ガラスサンルーフ 100千円
本革シート(レザーインテリアとセット) 150千円(エクスクルーシブは160千円)

※主な先進の標準安全装備
高剛性&全方位衝突安全設計ボディ
前面フルラップ衝突55km/h、前面オフセット衝突64km/h対応
運転席用&助手席用 i-SRSエアバッグシステム
(シートベルトの着用を検知してエアバッグの作動速度を可変制御し、前面衝突時の衝撃の強さに応じて助手席エアバッグの展開特性を2段階にコントロールする。)
前席用 i-サイドエアバッグシステム(助手席乗員姿勢検知機能付)
(側面衝突時の衝撃の強さや状況と助手席乗員の着座姿勢に応じて、エアバッグの作動を最適にコントロールし、乗員保護性能の向上と加害性の軽減を両立させる。)
EBD(電子制御制動力前後配分システム)&ブレーキアシスト機能付きABS
設定値以上の衝撃を受けると10秒後にドアロックが解除される「衝撃感知ドアロック解除システム」
前席3点式ロードリミッター付きプリテンショナーELRシートベルト
装着時の圧迫感を軽減するシートベルト・テンションリデューサー
後席3点式ELR/ALRシートベルト


プレスルームへプレスインフォメーションへ