MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1999年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1999年の目次へ

四輪製品ニュース
1999年9月6日
ホンダ 燃料電池を搭載した実験車を公開

 ホンダは次世代のパワープラントとして注目されている、燃料電池を搭載した電気自動車について、「FCX-V1」「FCX-V2」という2種類の実験車を公開した。

 「FCX-V1」は純水素を燃料とし、これを水素吸蔵合金に貯蔵するもので、バラード社製の燃料電池スタックを搭載している。
 「FCX-V2」はメタノールを燃料とし、独自開発の改質器により水素を取り出すもので、ホンダ製の燃料電池スタックを搭載している。
 これらの実験車両は、いずれも電気自動車用に専用設計されたホンダEVプラスの車体を使用しており、小型・高効率駆動用モーター、制御システムなどもホンダの自社開発によるものである。

 ホンダはかねてより将来の燃料インフラ動向や、技術の蓄積を念頭に燃料電池車の開発を進めており、2003年には市場に投入することを目標としている。


FCX-V1(純水素型燃料電池実験車) FCX-V2(メタノール改質型燃料電池実験車)
FCX-V1(純水素型燃料電池実験車)
FCX-V2(メタノール改質型燃料電池実験車)

●主な諸元
 
FCX-V1(純水素型燃料電池実験車)
・モーター
  種類   永久磁石型交流同期モーター(ホンダ製)
  出力   49kW
・燃料電池スタック
  形式   PEFC(固体高分子型)(バラード社製)
  出力   60kW
・燃料
  種類   純水素
  貯蔵方式   水素吸蔵合金タンク(La-Ni5)
 
FCX-V2(メタノール改質型燃料電池実験車)
・モーター
  種類   永久磁石型交流同期モーター(ホンダ製)
  出力   49kW
・燃料電池スタック
  形式   PEFC(固体高分子型)(ホンダ製)
  出力   60kW
・燃料
  種類   メタノール
  改質方式   オートサーマル方式

FCX-V1(純水素型燃料電池実験車) システム概念図
 
FCX-V1(純水素型燃料電池実験車)
 
FCX-V2(メタノール改質型燃料電池実験車) システム概念図
 
FCX-V2(メタノール改質型燃料電池実験車)


プレスルームへプレスインフォメーションへ