MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1998年ニュースインデックスへ

プレスルームへプレスインフォメーションへ
Press Information
■1998年の目次へ

二輪製品ニュース
1998年3月20日
ロングセラーの50ccメットインスクーター「ホンダ タクト」を
フルモデルチェンジするとともに、二輪車排出ガス規制に適合させ発売

 本田技研工業(株)は、使い勝手に優れた装備やスムーズで力強い走り味などで、幅広い年齢層から好評を得ているロングセラーのメットインスクーター「ホンダ タクト」をフルモデルチェンジするとともに、新たに導入される二輪車排出ガス規制に適合させ、タクト/タクト・スタンドアップの2タイプを4月17日より発売する。
 タクトは、'80年9月に発売した初代モデルによって日本にスクーターブームを巻き起こし、'87年1月発売のタクトフルマークは、シート下にヘルメットが収納できるメットインスペースをいち早く採用するなど、日本のスクーター市場の中で確固たる位置を形成してきたロングセラーモデルである。
 今回、外観を一新させるとともに、リードシリーズに続き二輪車排出ガス規制および騒音規制に適合させた環境に優しい性能も併せもたせている。
 新型タクトシリーズは、流麗なスタイルに、使い勝手に優れたコンビ・ブレーキ(前・後輪連動ブレーキ)の新採用に加え、タクト・スタンドアップには、さらに操作性を向上させたスタンドアップ機構を搭載している。
 メーカー希望小売価格は、タクト、タクト・スタンドアップともに従来モデルと同価格に設定することで、お求めやすいものとしている。

ホンダ タクト
ホンダ タクト

●販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 30,000台
 
●メーカー希望小売価格 タクト 159,000円
タクト・スタンドアップ 175,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は8,000円高、沖縄は5,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


=タクトシリーズの主な特長=


◎二輪車排出ガス規制に適合した環境に優しい2サイクルエンジン

新開発の空冷・2サイクル・単気筒エンジンは、リードシリーズと同様に、キャブレターに改良を施し、混合気を薄めに設定する事で燃焼過程で有害物質の低減を図っている。
さらに、マフラー内部に酸化触媒(キャタライザー)を設ける事で、排出ガス中のCO、HC、NOxをそれぞれ50%以上の低減を実現している。 タクトシリーズは、10月から施行される二輪車排出ガス規制(第一種原動機付自転車・50cc以下)に先駆けて適合させている。
また、マフラーの内部構造を変更する事などで、10月より新たに施行される二輪車騒音規制にも適合するものとしている。
さらに、暖機後の白煙については従来の10分の1以下に低減させている。(光の透過量で測定。当社製品比較値。当社テスト値)


◎高級感にあふれ、ゆったりとしたライディングポジションが得られるボディ形状

外観は、フロントからリアまで流れるような曲面で構成したデザインに一新。 高級感と優しさにあふれたフォルムを実現している。
座り心地の良いロングシートや広々としたフラット形状のフロアーの採用で、ゆったりとしたライディングポジションが得られている。


◎その他の主な装備
  • Dioやリードシリーズに採用し好評を得ている「コンビ・ブレーキ」(前・後輪連動ブレーキ)を新たに採用する事で、より安心感のある扱いやすいブレーキとしている。
  • 盗難の防止に効果的なセンタースタンド・ロックイン機構と、強化タイプのコンビネーション&ロックスイッチを採用。
  • 燃料タンクの容量を従来モデルの5L(タクト・スタンドアップは4.5L)から6Lにそれぞれアップさせることで、給油の頻度を少なくしている。

◎タクト・スタンドアップのオートスタンド機構の使い勝手を向上

オートスタンド機構は、'89年3月に発売したタクトに世界で初めて採用。
駐車時のスタンド掛けを楽にしてくれる便利なシステムとして、特に高年齢層のお客様に好評を得ている。今回、操作方法を従来のメインスイッチでの操作から、ハンドルグリップ横のスイッチ操作に変更する事で、使い勝手を向上させるとともに、スタンドの収納が不完全な場合には、自動的にエンジンをストップさせる安心機構を採用している。


・車体色は、豊富なバリエーションでユーザーの好みに応えられるものとしている。
タクト  :パールミルキーホワイト、コスメティックレッドメタリック
 :パールカルパトスブルー、マーズデューンベージュメタリック
タクト・スタンドアップ  :パールミルキーホワイト、コスメチックレッドメタリック

主要諸元
通 称 名 タクト
全長×全幅×全高 (m) 1.665×0.625×1.020
軸 距 (m) 1.170
最低地上高 (m) 0.105 (0.095)
シート高 (m) 0.695
車両重量/乾燥重量 (kg) 73/67 (76/70)
乗車定員 (人) 1
燃料消費率(km/L) 30km/h定地走行テスト値 50.0
最小回転半径 (m) 1.8
エンジン型式 AF24E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量 (cm3) 49
内径×行程 (mm) 39.0×41.4
圧縮比 6.8
最高出力 (PS/rpm) 5.2/6,500
最大トルク (kgm/rpm) 0.59/6,000
キャブレター型式 APBB3
始動方式 キック式セルフ式併設
点火方式 CDI式バッテリ点火
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量 (L) 1.15
燃料タンク容量 (L) 6.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変 速 比 1速 2.450 〜0.880
タイヤサイズ 3.00-10 42J
3.00-10 42J
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 ボトムリンク式
ユニット・スイング式
フレーム形式 アンダボーン
*(  ) はタクト・スタンドアップ


プレスルームへプレスインフォメーションへ