MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1997年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1997年の目次へ

二輪製品ニュース
1997年9月29日
米国製大型ツーリングバイク「ゴールドウイング SE」の
外観を変更するとともに細部を熟成した'98年型モデルを発売

 本田技研工業(株)は、米国の生産拠点であるホンダ・オブ・アメリカ・マニュファクチャリング(HAM)で生産され、'88年型モデルより日本に輸入・販売し、快適で充実した数々の装備などで好評を得ている「ゴールドウイング SE」の外観を変更するとともに、シートなど細部に熟成を施した'98年型モデルを輸入し、11月25日より発売する。
 ゴールドウイングは、ホンダの二輪車ラインナップの最高峰モデルとして位置付けられ、1975年に発売以来、米国や欧州そして日本を中心に、長距離ツーリングを楽しむバイクとして独自の文化とステータスを創り上げており、この間ユーザーの多様な要望に応じながら進化・熟成を続けてきたものである。
 '98年型モデルのゴールドウイング SEは、新たにマルチリフレクターヘッドライトや新デザインのフロントホイールカバー、マフラーを採用するとともに、前・後のシートは、ライダーとパッセンジャーのホールド感を高めた新形状とするなど、豪華さの中にもスポーティなイメージとしている。

ゴールドウイング SE
ゴールドウイング SE

販売計画台数(国内・年間) 240台
メーカー希望小売価格 2,130,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は30,000円高、沖縄は10,000円高、
その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


='98年型ゴールドウイング SEの変更点=


●豪華さの中にもスポーティなイメージを強調させたデザイン
  • マルチリフレクターヘッドライトを新採用。
  • フロントウインカー、リアウインカー、ロアーカウルアクセサリーライトには、クリアレンズを採用。
  • 新デザインのフロントホイールカバー。
  • 新デザインのサイドカウルルーバー。
  • フラット6(水平対向6気筒)を強調する"1500"の文字を鋳出し化したシリンダーヘッドカバーと新形状のエンジンガード。

●存在感をより際立たせる装備
  • 躍動感に溢れるデザインのドルフィンテールマフラーを採用するとともに、マフラーの内部構造を変更することで、より低音を響かせる重厚なサウンドを実現
  • 新デザインの"GOLD WING"エンブレムをサイドカバーとリアトランクに採用。
  • コンビネーションメーターの文字板の色調をブラックからオフホワイトに変更。
  • リアビューを引き締めるクロームメッキのライセンスガード。

●長距離走行を一段と快適にする新形状のシート。
  • ライダーとパッセンジャーを包み込むホールド感を高めたシートを採用。

カラーリングは、高級感と豪華さを際立たせるパールシャパラルベージュ一色の設定。


主要諸元
通 称 名 ゴールドウイング SE
車 名 ・ 型 式 ホンダ オブ アメリカ・SC22
全長×全幅×全高 (m) 2.615×0.955×1.495
軸 距 (m) 1.690
最低地上高 (m) 0.115
シート高 (m) 0.725
車両重量/乾燥重量 (kg) 408/385 *
乗車定員 (人)
燃料消費率(Km/L) 60Km/h定地走行テスト値 26.1
最小回転半径 (m) 3.1
エンジン型式 SC22E(水冷・4サイクル・水平対向6気筒・OHC )
総排気量 (cm3) 1,520
内径×行程 (mm) 71.0×64.0
圧縮比 9.8
最高出力 (PS/rpm) 97/5,000(SAE)
最大トルク (kgm/rpm) 15.2/4,000(SAE)
キャブレター型式 VDG9
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フル・トランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量 (L) 4.3
燃料タンク容量 (L) 23
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラム・スプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変 速 比 1速 2.666
2速 1.722
3速 1.291
4速 0.964
5速 0.758
後退 8.846
タイヤサイズ 130/70-18 63H
160/80-16 75H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

*従来モデルからの変更点 (最高出力および最大トルクはSAE 規格に基づいた値です。)


プレスルームへプレスインフォメーションへ