MENU
HONDA
検索

ニュースリリース

1994年01月12日

アメリカンスタイルのスポーツバイク 「ホンダ スティード」(400/600)のカラーリングを変更し発売

 本田技研工業(株)は、'88年に発売以来、狭角Vツイン特有の力強く、鼓動感溢れる走り味と、ゆったりとした快適な乗り心地などで、近年大好評を得ているアメリカンスタイルのスポーツバイク「ホンダ スティード」2機種(400/600)のカラーリングを変更し、1月20日より発売する。

ホンダ スティード400

ホンダ スティード400

 このスティードは、水冷・狭角Vツインエンジンを搭載し、特に低・中回転域で力強く鼓動感あふれる出力特性を発揮させ、ロング&ロー(ホイールベース:1,600mm/シート高:680mm)の車体とあいまって、ゆったりと快適なクルージング走行が楽しめるもので、近年のアメリカンスタイルのバイクの人気の高まりとともに、長くつきあえるスポーツバイクとして大変好評を得ているモデルである。

販売計画台数 (国内・年間)

スティード400

18,000台

スティード600

1,600台

メーカー希望小売価格

スティード400

599,000円

スティード600

629,000円

(地域希望小売価格の一例:北海道は〈400〉17,000円高、〈600〉20,000円高、沖縄は〈400〉9,000円高、〈600〉10,000円高、その他一部地域を除く。) 
(参考価格。消費税を含まず。)

 外観、デザインは、ヘッドパイプ部から後輪の車軸部までを一直線に見えるように構成し、ティアドロップ(涙滴)型フューエルタンクやクロームメッキ仕上げのスリムな右出し2本マフラー、ワイヤースポーク型の前・後リムにくわえ、新たにエアクリーナーカバーにもクロームメッキ仕上げを施すなど、艶やかで質感の高いパーツを各所に配置し、伝統的なスタイルを大切にしながらも独特な個性を主張している。
 ハンドル形状は、手前に引きぎみのティラー・バーハンドルを400/600に装備するとともに、400にはフラット・バーハンドルもタイプ設定し、選択の幅を広げている。
 また、車体色は、400には従来から好評の2色「ブラック/キャンディワインベリーレッド」「ブラック/グラニットブルーメタリック」にくわえ、新たに、一段とアメリカン・カスタムの香りが漂う鮮やかなブルーとホワイトを組み合わせ、すっきりとしたツートーンの「パールコーラルリーフブルー/パールフェイドレスホワイト」を追加。600は、落ちついた深みのある「ブラック/キャンディワインベリーレッド」を設定し、より幅広いユーザーの要望に応えられるものとしている。

主要諸元

〈 〉内フラット・バーハンドル

通称名 スティード(600) スティード(400)
型式 PC21 NC26
全長×全幅×全高 (m) 2.310×0.760×1.130 2.310×0.760〈0.705〉×1.130〈1.105〉
軸距 (m) 1.6
最低地上高 (m) 0.14
シート高 (m) 0.68
車両重量/乾燥重量 (kg) 217/204
乗車定員 (人) 2 2
燃料消費率(km/L)
60km/h定地走行テスト値
38.1 37
最小回転半径 (m) 3.1
エンジン型式 PD06E
(水冷・4サイクル・OHC・V型2気筒)
NC25E
(水冷・4サイクル・OHC・V型2気筒)
総排気量 (cm3) 583 398
内径×行程 (mm) 75.0×66.0 64.0×62.0
圧縮比 9.2 10
最高出力 (PS/rpm) 36/6,500 30/7,500
最大トルク (kgm/rpm) 4.5/3,000 3.3/5,500
キャブレター型式 VDF1 VDD0
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量 (L) 2.8
燃料タンク容量 (L) 11
クラッチ形式 湿式多板コイル・スプリング
変速機形式 常時噛合式4段リターン 常時噛合式5段リターン
変速比     1速 2.571 3
2速 1.7 2.055
3速 1.227 1.59
4速 0.931 1.272
5速 1.035
減速比(1次/2次) 1.888/2.812 2.058/2.812
キャスター(度)/トレール(mm) 35°00′/164
タイヤサイズ  100/90-19 57S
170/80-15M/C 77S
ブレーキ形式  油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式  テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式 ダブルクレードル