MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1993年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1993年の目次へ

四輪製品ニュース
1993年2月16日
米国において開発、生産されたスタイリッシュな
「シビック クーペ」を輸入し発売


 本田技研工業(株)は、スタイリッシュな2ドア車「シビック クーペ」を輸入し、2月19日より全国のプリモ店から発売する。

 この「シビック クーペ」は、ホンダの米国拠点で開発、生産されたモデルで、シビックの斬新な基本コンセプトと高性能はそのままに、クーペとしての洗練されたスタイリングを実現したものである。
 米国におけるホンダは、四輪車の生産開始から10年余を経て、現在では研究・開発から生産 ・販売にいたるまでの一貫した活動を行なっている。こうした体制のもと、「シビッククーペ」は、アコード クーペ、アコード ワゴンに続き米国で開発・生産され、北米地域において、昨年(’92年)10月より販売開始し、好評を得ている。

主な特長
空力性能と美しいフォルムの両立による、洗練されたスタイリング
クーペでありながら、後席にも快適な居住スペースを確保した室内空間
高性能と低燃費を高次元でバランスさせた1.6リットルVTEC130馬力エンジン
運転席用SRSエアバッグやAR(※)サウンドシステムを採用するなど、安全・快適な装備を充実 ※米国アコースティック・リサーチ社

これにより、シビック、シビック フェリオ、シビック クーペとシリーズのラインナップは一層充実し、幅広いお客様の要望に応えられるものとなった。

●販売計画台数(国内・年間) 5,000台(’93年輸入予定台数)

●シビック クーペの概要

[エクステリア]
シビック(3ドア)の躍動感あふれるスポーティで斬新なデザイン思想と、シビックフェリオ(4ドア)の機能性に優れたパッケージングを実現している最新のエクステリアコンセプトとの融合から生まれた、新世代のクーペフォルム。
スラントしたフロントウィンドウから流麗なリアウィンドウへのエレガントなシルエット、前後を絞り込んだボディ、ワイドなガラス面、流れるようなリアピラー部など、空力特性に優れた美しいデザインとしている。

[インテリア]
スタイリッシュなクーペスタイルでありながら、広々とした室内空間を実現。特に後席は、従来のクーペの概念を超えた広い居住スペースを確保。
革新的なオーディオシステムの開発で有名な、米国アコースティック・リサーチ社との提携による6スピーカーのサウンドシステムをはじめ、オートエアコンディショナーやアッパーベンチレーションシステム、パワーステアリング、パワーウィンドウ、パワードアロックなどの快適装備により、優れた居住性を実現。

[エンジン&サスペンション]
最高出力130馬力、最大トルク14.8kgmを発揮するとともに、ATミッションながら10・15モード燃費14.0km/lを達成した、1.6リットルVTEC+PGM−FIエンジンを搭載。高速回転域と低・中速回転域用の2種類のカムを持つ可変バルブタイミング・リフト機構(VTEC)により、優れた加速感や乗りやすさを実現する出力特性と低燃費を両立。
サスペンションには、低バネレート、ロングストローク化した4輪ダブルウイッシュボーンを採用。フロントのロールセンター高やL字形ロアアームを最適な設定とし、スポーティなハンドリングとしなやかな乗り心地としている。

[安全性]
運転席用SRSエアバッグシステム、前・後席3点式ELRシートベルト(※)、ハイマウント・ストップランプを標準装備。 ※後席中央は2点式マニュアル
高強度ボディ設計やドアビームの採用、さらに内装のカーペット、ライニング、シート地、パッドに難燃材を使用するなど安全性を追求。
尚、このシビック クーペは、1.6リットルVTECエンジン搭載、4速AT、右ハンドル仕様の1タイプのみの設定とした。


●希望小売価格(消費税含まず・単位千円)
■4速オートマチック車のみの設定
■主な標準装備
●運転席用SRSエアバックシステム●前・後席3点式ELRシートベルト
●オートエアコンディショナー●AR(アコースティック・リサーチ)サウンドシステム
●オートアンテナ●パワーステアリング●パワーウィンドウ●パワードアロック
●ボディ同色電動リモコンドアミラーなど

東京 名古屋 大阪 福岡 仙台 札幌
1,771 1,779 1,785 1,798 1,787 1,812

●主要諸元



プレスルームへプレスインフォメーションへ