MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1993年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1993年の目次へ

二輪製品ニュース
1993年11月22日
本格的なランドスポーツバイク
「ホンダ XLR250R」と「ホンダ XLR BAJA」のカラーリングを変更し発売

本田技研工業(株)は、軽量で力強い出力特性を発揮する空冷・4サイクル単気筒エンジンを搭載し、本格的なランドスポーツバイクとして好評の「ホンダ XLR250R」と「ホンダXLR BAJA」のカラーリングを変更し、12月3日より発売する。

このXLR250RとXLR BAJAは、高性能と信頼性を両立させた空冷・4サイクル単気筒エンジンを搭載。長い作動量を確保した前・後サスペンションや、軽量の車体を活かした悪路走破性の高さに加え、軽量でコントローラブルな制動力を発揮する前・後ディスクブレーキなどによって、本格的なオフロード走行を楽しめるバイクとして好評を得ているモデルである。
今回XLR250Rは、フューエルタンク部の“XLR”のロゴを強調するなど、オフロード走行専用車として大変好評を得ている“XR”シリーズのイメージを踏襲し、すっきりとした軽快なカラーリングとしている。
XLR BAJAは、車体色はシャスタホワイトを基調に、フロントフェンダーやスエード調の座面のシートなどに鮮やかなブルーを配し、フューエルタンク側面には蛍光色を使用した“BAJA”のロゴを、フロントとリアのホイールにはゴールドカラーリムを採用するなど、一層斬新で躍動感あふれるイメージとしている。また、幅広タイプのステップ(30mm→36mm)の採用により、オフロード走行での使い勝手を向上させている。

ホンダ XLR250R
ホンダ XLR250R
ホンダ XLR BAJA
ホンダ XLR BAJA


●カラーリング名称 XLR250R シャスタホワイト
XLR BAJA シャスタホワイト × ディオニサスブルー
●販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 3,000台
●メーカー希望小売価格 XLR250R 425,000円
XLR BAJA 445,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は15,000円高、沖縄は9,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


※ 主要諸元は、従来モデルと変更ありません。

主要諸元
通称名 XLR250R<XLR BAJA>
車名・型式 MD 22
全長×全幅×全高 (m) 2.165×0.860×1.210<1.190>
軸距 (m) 1.430
最低地上高 (m) 0.285
シート高 (m) 0.860
車両重量/乾燥重量 (kg) 125/114<126/116>
乗車定員 (人) 2
燃料消費率(km/L)50km/h定地走行テスト値 50.3
最小回転半径 (m) 2.1
エンジン型式 MD 17 E(空冷・4サイクル・OHC・4バルブ・単気筒)
総排気量 (cm3) 249
内径×行程 (mm) 73.0×59.5
圧縮比 9.3
最高出力 (PS/rpm) 28/8,500
最大トルク (kgm/rpm) 2.5/7,500
キャブレター型式 PD 79
始動方式 キック式
点火装置形式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量 (L) 1.6
燃料タンク容量 (L) 9.0
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.769
2速 1.941
3速 1.450
4速 1.130
5速 0.923
6速 0.785
減速比(1次/2次) 3.100/3.125
キャスター(度)/トレール(mm) 26°50′/105
タイヤサイズ 3.00-21-51P
4.60-18-63P
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイング・アーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ