MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

1993年10月19日

世界初のPGMメモリーカード・システムを採用した2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250R」3タイプを発売

 本田技研工業(株)は、軽快で高い運動性能を発揮する水冷・2サイクル・90度Vツインエ ンジン搭載のスーパースポーツバイク「ホンダNSR250R」3タイプに、高度な最新技術を もとに、メインスイッチ部に量産市販車として世界初の複合的な電子機能を持たせたPGMメモ リーカード・システムを採用するなどエンジン制御の知能化も一層おしすすめるとともに外観デ ザインを一新し、「ホンダNSR250R」と「ホンダNSR250R SE」は11月10日 より発売、また「ホンダNSR250R SP」は12月10日より限定(1,500台)発売 する。

ホンダNSR250R SE

ホンダNSR250R SE

 このNSR250Rは、国内・外のレースで得た高度な最新技術をもとに開発したもので、エ ンジンの電子制御やカウルボディ形状、足廻りなどを新設計したものである。

販売計画台数(国内・年間)

3タイプ合計

8,500台

(内NSR250R SPは1,500台限定)

メーカー希望小売価格

NSR250R

680,000円

NSR250R SE

720,000円

NSR250R SP

800,000円

(地域希望小売価格の一例:北海道は15,000円高、沖縄は9,000円高、その他一部地域を除く。)
(速度警告機能付きPGMメモリーカードを使用することにより、速度警告仕様とすることができる。別売/10,000円。)
(参考価格。消費税を含まず。)

 PGMメモリーカードは、カード内のICに個有のシリアル(照合)番号をメモリーさせ、軽量コンパクト設計の液晶デジタル表示マルチメーターのカードリーダー部に差し込むことでシリアルナンバーを照合し、主電源やコンピュータ・ユニットの起動にくわえ車体内蔵式ハンドルロックをも自動的に解錠させる画期的なものとなっている。
 エンジンは、エンジン回転数、アクセルの開度・操作速度、減速比の各要素を検知・演算し、吸気(空燃比)から点火・排気(時期)にいたるまで総合的にコンピュータ制御し、最適の燃焼力を得るマップ・コントロール方式のPGM-IVシステムを搭載。今回、コンピュータの容量を8bitから16bitに高め、演算処理能力を大幅に高めている。
 さらにキャブレターは、新設計の吸入効率に優れたシンプルでコンパクトなTB(ニュー・スラント)型を採用するとともに、排気系には、中・低回転域重視型の排気チャンバーに大容量のサイレンサーを組み合わせて装備。この結果、より幅広い走行状況で2サイクルならではの俊敏なレスポンス性を一段と高めながら、扱い易さも兼ね備えた出力特性を発揮させている。

 足廻りは、リアに排気系レイアウトの設計の自由度を高められるとともに、ホイールの着脱やチェーン調整など整備性も同時に向上できる、高剛性の片持ちリア・フォーク(プロアーム)を新たに採用し、腰のある乗の心地と路面追従性を両立させたフロント・フォークとあいまって、しっかりとした剛性感の中にもしなやかさを合わせもつ優れた操縦フィーリングを実現している。
 ブレーキは、フロントに大排気量車に採用している新サイズの異径4ポットキャリパーに焼結パッドを組み合わせたダブル・ディスクブレーキを採用するとともに、リアには、2ポットタイプのディスクブレーキを採用するなど高い制動効力を実現している。
 またライディングポジションは、ステップ位置の変更や燃料タンクの後端を短縮(25mm)するとともに、ワイド&フラットタイプのシートを採用することにより乗車姿勢の自由度を向上させている。

 外観は、コンビ&ロックスイッチのないすっきりとしたトップブリッジ、更にスラント化させたフロントアッパーカウルとウインドスクリーンに加え、曲面で構成されたシートカウル形状とすることで、ワークスレーサー「NSR」をイメージさせるものとしている。また、ハザードランプやフロントウインカー内蔵式のポジションランプを採用するとともにバックミラーは鏡面の曲率と取付位置を変更している。

各部の特徴

  • 液晶デジタル表示マルチメーターは、通常の速度表示に加え、水温、走行積算距離(オドメーター)、走行距離(トリップメーター)もファンクションスイッチ操作によって連続的に切り換えることができ、さらにオイル残量不足、水温異常など6種類の警告表示機能も内蔵している。  
    (アナログ式タコメーターは別体式)
  • ハンドルロックは、ロックユニットを車体のヘッドパイプに内蔵することによって外部からのロック破損の難易度を飛躍的に高めるとともに、PGMメモリーカードによるシリアルナンバーが合致しなければ、コンピュータ回路が起動せず、結果としてエンジン始動ができない構造となっている。ロック解除は、PGMメモリーカードをカードリーダーに差し込み、照合合致すると瞬時に回路が起動し、内蔵式のハンドルロックを自動的に解除する構造である。施錠は、カードを抜いてロックレバーを操作するとハンドルロック状態になる。
    (※)    燃料タンク・キャップやヘルメットホルダー、小物入れなどのロックはメカ式キーで、キーはPGMメモリーカードに収納している。
  • PGMメモリーカードは、カード内に電池が不要な無接点の非接触電磁結合通信方式を採用することによって水、ほこり、振動、挿抜に加え磁気、静電気に対する優れた耐性を有している。
  • NSR250Rのフロントサスペンションは、初期スプリング荷重調整機構と、Rテーパーフリーバルブ3ダンパーを組み合わせて装備。

NSR250R SEの主な特徴

  • NSR250Rをベースに、乾式多板クラッチを装備。
  • フロントサスペンションは、カートリッジタイプの伸び側減衰力調整機構付きダンパーを装備。リアサスペンションは、伸び側/圧側減衰力調整機構を採用したリザーバータンク付きダンパーを装備

NSR250R SPの主な特徴

  • NSR250R SEをベースに、軽量・高品質のマグネシウム製前・後ホイールを装備。
  • フロントサスペンションは、路面追従性に優れたニュー・カートリッジタイプを装備。

主要諸元

通称名

NSR250R

NSR250R SE

NSR250R SP

車名・型式

ホンダMC28

全長×全幅×全高(m)

1.970×0.650×1.045

軸距(m)

1.340

最低地上高(m)

0.130

シート高(m)

0.770

車両重量/乾燥重量(kg)

153/134

157/138

156/137

乗車定員(人)

2

燃料消費率費(km/L)60km/h定地走行テスト値

22.2

最小回転半径(m)

2.9

エンジン型式

MC16E(水冷・2サイクル・V型2気筒)

総排気量(cm3)

249

内径×行程(mm)

54.0×54.5

圧縮比

7.4

最高出力(PS/rpm)

40/9,000

最大トルク(kgm/rpm)

3.3/8,500

キャブレター型式

TB10

始動方式

キック式

点火装置形式

CDI式バッテリ点火

潤滑方式

分離潤滑(圧送飛沫併用)式

潤滑油容量(L)

1.2

燃料タンク容量(L)

16

クラッチ形式

湿式多板コイルスプリング

乾式多板コイルスプリング

変速機形式

常時噛合式6段リターン

変速比 

1速

2.846

2速

2.000

3速

1.578

4速

1.300

5速

1.130

6速

1.000

減速比(1次/2次)

2.500/2.933

キャスター(度)/トレール(mm)

23°00′/85

タイヤサイズ 

110/70R17 54H

150/60R17 66H

ブレーキ形式 

油圧式ダブルディスク

油圧式ディスク

懸架方式 

テレスコピック式

スイングアーム式(プロアーム)

フレーム形式

ダイヤモンド