MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

1993年10月15日

不整地での優れた走破性を発揮するオフロード走行専用車「ホンダ XR100R」と「ホンダ QR50」のカラーリングを変更し発売

 本田技研工業(株)は、粘り強く扱い易い空冷・4サイクル・単気筒エンジンを搭載し、不整地での優れた走破性を発揮するオフロード走行専用車「ホンダ XR100R」を10月29日より、また、軽量・コンパクトな二輪入門車「ホンダ QR50」を11月4日より、それぞれカラーリングを変更し発売する。

ホンダ XR100R

ホンダ XR100R

ホンダ QR50

ホンダ QR50

 XR100Rは、初心者でも取り廻しの楽なサイズ(乾燥重量:68kg、シート高:770mm)と、軽快な空冷・4サイクル・OHCエンジン、軽量・高剛性ダイヤモンドフレーム、プロリンクサスペンションなど本格的な装備でオフロード走行を楽しめるものとなっている。カラーリングは、シャスタホワイトを基調にレッドのシート、ブルーのサイドカバー、“XR”のロゴを大胆にあしらったフューエルタンクなど躍動感あふれるイメージとしている。
 QR50は、1982年の発売以来、軽量(乾燥重量:35kg)・コンパクトな車体に、クラッチ操作の不要な変速機、スロットル/出力制御機構、飛び出し防止機構を備え、限定された場所で使用できる入門用二輪車として好評を得ているモデルである。今回カラーリングは、鮮やかな“QR”のロゴを配したフューエルタンクや、フレーム、ホイールなどをホワイトとし、主体色の赤とあいまってすっきりとした本格的なモトクロッサーイメージとしている。

販売計画台数(国内・年間)

XR100R

200台

QR50

500台

メーカー希望小売価格

XR100R

215,000円

QR50

109,000円

(地域希望小売価格の一例:北海道は8,000円高、沖縄は5,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)

主要諸元

通称名 XR100R QR50
型式 ホンダ HE 03 ホンダ AE 01
全長×全幅×全高 (m) 1.855×0.800×1.030 1.225×0.610×0.725
軸距 (m) 1.255 0.845
最低地上高 (m) 0.265 0.115
シート高 (m) 0.770 0.495
車両重量/乾燥重量 (kg) 75/68 37/35
乗車定員 (人) 1 1
最小回転半径 (m) 1.8 2.3
エンジン型式 HE 03 E(空冷・4サイクル・OHC・単気筒) AE 01 E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量 (cm3) 99.2 49
内径×行程 (mm) 53×45 40×39.5
圧縮比 9.4 7.2
最高出力 (PS/rpm) 9.5/9,000 2.7/6,000
最大トルク (kgm/rpm) 0.79/7,000 0.38/5,000
キャブレーター型式 PD 22 PA 26
始動方式 プライマリーキック式 プライマリーキック式
点火装置形式 CDI式マグネット点火 CDI式マグネット点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式 分離給油
潤滑油容量 (L) 1.0 0.4
燃料タンク容量 (L) 6.5 2.0
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング 湿式内拡シュータイプ遠心式
変速機形式 常時噛合式5段リターン 自動遠心式・1速
変速比 1速 3.083 5.357
2速 1.882
3速 1.400
4速 1.130
5速 0.923
減速比(1次/2次) 4.437/3.571 1.000/2.143
キャスター(度)/トレール(mm) 28°30′/110 25°00′/51
タイヤサイズ 2.50-19-4 PR 2.50-10
3.00-16-4 PR 2.50-10
ブレーキ形式 機械式リーディングトレーリング 機械式リーディングトレーリング
機械式リーディング・トレーリング 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク) ユニットスイング式
フレーム形式 ダイヤモンド ダブルクレードル