MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1993年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1993年の目次へ
二輪製品ニュース
1993年3月22日
オフロード・スタイルの大型ツーリングバイク
「ホンダアフリカツイン」のデザインを一新し発売


 本田技研工業(株)は、ダイナミックなオフロード・スタイルでロングツーリングはもとより、 山道から舗装道路まで幅広い走行に適した大型ツーリングバイク「ホンダアフリカツイン」のフ レームから外装部品までデザインを一新し、4月12日より限定(300台)発売する。

 このアフリカツインは、'88年から欧州にXRV650として輸出を開始し、'89年には 排気量を742ccに変更。今回のフルモデルチェンジで3代目となり、大柄な車体を活かし高 速道路から郊外のワインディングロード、さらに山岳道路までオールラウンドで雄大なスケール の長距離ツーリングを快適に楽しめる大型ツーリングバイクとして、欧州を中心に好評を得てい るモデルである。

ホンダアフリカツイン
ホンダアフリカツイン
●販売計画台数(国内) 300台(限定)
●メーカー希望小売価格 890,000円
(地域希望小売価格の一例:北海道は20,000円高、
沖縄は10,000円高、その他一部地域を除く。)
(参考価格。消費税を含まず。)


 フレームは、新設計の角型断面セミダブルクレードル形式とし、軽量化と低重心化を実現しな がら、剛性を高め落ち着きのある操縦フィーリングとしている。さらに、シートは肉厚を厚め (75mm→95mm)としながらも、シート高を865mmとし足着き性を向上させるととも に、シート下部に小物を収納できるユーティリティ・スペース(4l〔[当社計測値])を装備 している。
 エンジンは、水冷・4サイクル・OHC・3バルブ・V型2気筒・742ccを搭載し、キャ ブレターはレスポンス性に優れたVPタイプを採用。またエアクリーナーボックスを燃料タンク 前部に配置することによって、大容量化(5.4L→7.0L)を実現し、吸気効率を向上させ ながらメンテナンス性をも向上させている。
 足廻りは、フロントフォークに直径43mmの大径インナーチューブを採用したエアアシスト 機構付きサスペンションを、リア・サスペンションには、圧縮側の減衰力特性を走行条件に合わ せて調整でき、放熱性にも優れたリザーバータンク付きのクッションを装備するとともに、ホイー ル・トラベル(作動)量を210mmから220mmに変更することで、悪路走破性を一段と向 上させている。また後輪にはラジアルタイヤを装着し、舗装路での高速走行にも適したものとし ている。
 外観は、大容量23Lの燃料タンクや、エンジン廻りに走行風を導くエアインテークベント付 き大型フェアリング、さらにサイドカバーからリア・フェンダーに至るまでのデザインを一新す るとともに、使い勝手も考慮した仕様としている。カラーリングはシャスタホワイトを基調にし た新感覚のトリコロールグラフィックパターンを採用し、一層斬新で躍動感溢れるものとしている。



主要諸元
通称名
アフリカツイン
車名・型式
ホンダRD07
全長×全幅×全高(m)
2.320×0.905×1.430
軸距(m)
1.555
最低地上高(m)
0.195
シート高(m)
0.865
車両重量/乾燥重量(kg)
234/207
乗車定員(人)
2
燃料消費率(km/L)60km/h定地走行テスト値
24.1
最小回転半径(m)
2.6
エンジン型式
RD04E(水冷・4サイクル・OHC・3バルブ・V型2単気筒)
総排気量(cm3)
742
内径×行程(mm)
81.0×72.0
圧縮比
9.0
最高出力(PS/rpm)
57/7,500
最大トルク(kgm/rpm)
6.1/6,000
キャブレター型式
VP50
始動方式
セルフ式
点火装置形式
CDI式バッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
3.2
燃料タンク容量(L)
23
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比 
1速
3.083
2速
2.062
3速
1.550
4速
1.272
5速
1.083
減速比(1次/2次)
1.763/2.687
キャスター(度)/トレール(mm)
27°30′/108
タイヤサイズ 
90/90-21 54H
140/80R17 69H
ブレーキ形式 
油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式   
テレスコピック式
スイング・アーム式(プロリンク)
フレーム形式
セミダブルクレードル



プレスルームへプレスインフォメーションへ