MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1992年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1992年の目次へ

二輪製品ニュース
1992年6月29日
軽量・コンパクトな水冷・直列4気筒エンジン搭載の
スーパースポーツモデル「ホンダCBR600F」を発売


 本田技研工業(株)は、軽量・コンパクトで高性能な水冷・4サイクル・直列4気筒エンジンを搭載し、市街地走行から郊外のワインディングロードまで力強い走り味と、扱い易く素直な操縦フィーリングを発揮するスーパースポーツバイク「ホンダCBR600F」を6月30日より 発売する。

 このCBR600Fは、'87年より欧州・北米に輸出し、軽快な乗り味のミドルウェイトスポーツモデルとして好評を得ているモデルをベースに、今回国内向けとして、軽量級から重量級まで幅広いスポーツバイクを経験した限定解除の自動二輪免許を所有するエキスパートライダーにあわせて開発したスーパースポーツモデルである。
ホンダCBR600F
ホンダCBR600F

販売計画台数(国内・年間)              500台
メーカー希望小売価格            730,000円
(北海道・沖縄価格は10,000円高、その他一部離島を除く。)
(速度警告灯装着車は10,000円高。)
(参考価格。消費税を含まず。)


 エンジンは、水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒・599ccを搭載し、エア・クリー ナーからキャブレター、吸気ポートまでをほぼ直線に配し、吸・排気系の高効率化を実現。また カム・チェーンをエンジン右側に配置することにより、シリンダーとキャブレターの間隔の等長 化を図り、理想的な吸・排気系を実現させるとともに、クランクシャフトなど各部の徹底した軽量化を図り、フリクションロスを低減させている。
 またシリンダーとアッパー・クランクケースを一体化するとともに、変速機軸を横一線上に配置することによりクランクケース上部の小型化を実現。同時に吸・排気バルブを狭角に配置することによってシリンダーヘッドを小型化するなど、軽量・コンパクトなエンジンとし、フレーム設計の自由度向上に大きく貢献している。
 また、エンジンの冷却水を利用してエンジンオイルを冷却するコンパクトで高効率の水冷式のオイルクーラーをクランクケース前面に配置することにより、シンプルな配管を可能にしながら車体全体のコンパクト化にも寄与している。
 フレーム・足廻りは、コンパクト化を図ったエンジン形状にあわせながら、しなやかさと剛性を高次元でバランスさせたスチール製ツインチューブ・フレームを採用。最適な乗り味が得られ るとともに、軽量・高剛性の大径(41mm)のフロントフォークや、スムーズな減衰力特性を 発揮するダンパー構造を採用したリアサスペンションなどとあいまって快適な乗り心地と優れた 走行性能を両立させている。またセンタースタンドを標準装備し、日常でのメンテナンス性にも 配慮している。
 ブレーキは、フロントに制動フィーリングに優れた油圧式ダブルディスク、リアには油圧式シ ングルディスクを装備。ディスクパッドは前・後共に焼結合金パッドを採用し、偏平率60%の ラジアルタイヤ(前120/60ZR17・後160/60ZR17)と軽量の6本スポーク・ アルミホイールを組み合わせて装備することによってバネ下重量を軽減し、軽快な走り味を実現 している。
 外観は、空力抵抗の少ないダイナミックなデザインとしながらも、エンジンなどに外気を直接導入するダイレクト・エアインテークを採用するなど、徹底したエアマネジメントを追求している。  また、リア・グラブレールや、ツーリングなどに役立つ荷掛けフックを左・右4箇所に装備し使い勝手の良いものとしている。


主要諸元
通称名
CBR600F
型式
PC 25
全長×全幅×全高(m)
2.020×0.685×1.130
軸距(m)
1.405
最低地上高(m)
0.140
シート高(m)
0.810
車両重量/乾燥重量(kg)
205/186
乗車定員(人)
2
燃料消費率(km/L)60km/h定地走行テスト値
30.0
最小回転半径(m)
3.0
エンジン型式
PC25E(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・直列4気筒)
総排気量(cm3)
599
内径×行程(mm)
65.0×45.2
圧縮比
11.6
最高出力(PS/rpm)
69/11,000
最大トルク(kgm/rpm)
5.1/8,000
キャブレター型式
VP 40
始動方式
セルフ式
点火装置形式
フル・トランジスタバッテリ点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
4.0
燃料タンク容量(L)
16.0
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.928
2速
2.062
3速
1.588
4速
1.368
5速
1.200
6速
1.086
減速比(1次/2次)
1.863/2.666
キャスター(度)/トレール(mm)
25°05′/94
タイヤサイズ 
120/60 ZR17
160/60 ZR17
ブレーキ形式 
油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 
テレスコピック式
スイング・アーム式
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ