MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年4月22日 発表
乾式多板クラッチを標準装備した
2サイクル・スーパースポーツバイク「ホンダNSR250R・SE」を発売


 本田技研工業(株)は、高度な最新技術を採用し大変好評の2サイクル・スーパースポーツバ イク「ホンダNSR250R」に、乾式多板クラッチや減衰力調整機構付前・後サスペンション を標準装備するとともに、全日本ロードレース選手権250ccクラスで2年連続チャンピオン を獲得したワークスマシン「ホンダNSR250」をイメージしたカラーリングを採用した、 「ホンダNSR250R・SE」をタイプ追加し5月24日より発売する。

ホンダNSR250R・SE
ホンダNSR250R・SE

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計  14,000台
メーカー希望小売価格           649,000円
(北海道・沖縄は9,000円高、その他一部離島を除く。)
(速度警告灯装着車は10,000円高。)
(消費税は含まず。)


 このNSR250R・SEのエンジンには、あらたに発進時の動力伝達効率等を高めると同時に、操作フィーリングの向上を図った高効率の乾式多板クラッチを採用。フロント・サスペンションには、初期荷重の調整機構にくわえ伸び側の減衰力調整機構を採用。リアには、伸び側と縮み側の減衰力がそれぞれ単独で調整デきるアルミ製リザーバータンク付リア・クッションを装備し、ライダーの好みや走行条件に応じた微妙な調整を可能にしており、ベース車のもつ優れた運動性能とあいまって、一層しなやかで軽快な操縦フィーリングを実現している。

主要諸元
通称名
NSR250R・SE
型式
MC21
全長×全幅×全高(m)
1.975×0.655×1.060
軸距(m)
1.340
最低地上高(m)
0.135
シート高(m)
0.770
車両重量/乾燥重量(kg)
153/134
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
30.2
最小回転半径(m)
2.9
エンジン型式
MC16E(水冷・2サイクル・V型2気筒)
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
54.0×54.5
圧縮比
7.4
最高出力(PS/rpm)
45/9,500
最大トルク(kgm/rpm)
3.7/8,500
キャブレター型式
TA22
始動方式
キック式
点火装置形式
CDI式バッテリ点火
潤滑方式
分離潤滑(圧送飛沫併用)式
潤滑油容量(L)
2.0
燃料タンク容量(L)
16
クラッチ形式
乾式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.846
2速
2.000
3速
1.578
4速
1.333
5速
1.190
6速
1.083
減速比(1次/2次)
2.360/2.666
キャスター(度)/トレール(mm)
23°15′/87
タイヤサイズ 
110/70R17 54H
150/60R17 66H
ブレーキ形式 
油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 
テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ