MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1991年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1991年の目次へ

二輪製品ニュース
1991年3月4日
本格的なエンデューロ走行で優れた走破性を発揮する
2サイクル・ランドスポーツ・バイク「ホンダCRM250R」の
総合性能を一段と向上させ発売


 本田技研工業(株)は、高性能な水冷・2サイクルエンジンを軽量・スリムな車体に搭載し、本格的なオフロード走行からツーリングまで幅広い用途で粘り強くなめらかな走りが楽しめるランドスポーツ・バイク「ホンダCRM250R」のエンジン出力特性や、車体・足廻り特性など総合性能を一段と向上させ、3月20日より発売する。

 このCRM250Rは、世界各地の不整地で行なわれているモトクロス競技で大活躍している競技専用車「CRシリーズ」で得た高度な技術をもとにエンジン、フレーム、足廻りなど細部にいたるまで徹底改良し、近年身近なアウトドアスポーツとして人気が高まっているエンデューロ (悪路耐久)イベントに、手軽に参加できるよう一段と扱い易くレスポンス性に優れた俊敏な出力特性にするとともに、悪路走旗性を大幅に向上させたものである。

ホンダCRM250R
ホンダCRM250R

販売計画台数(国内・年間)  4,500台
メーカー希望小売価格   439,000円
(速度警告灯装着車は、10,000円高。)
(北海道・沖縄は9,000円高、その他一部離島を除く。)
(消費税は含まず。)


 エンジンは、エンジン回転数に応じて排気タイミングを変化させ、力強い燃焼力が得られるホンダ独自の可変排気孔バルブ・システムをデジタル制御化したPGM−RCバルブ・システムを採用。同時に点火時期制御もデジタル化し、PGM−DC−CDIとしている。また、出力特性に大きく寄与する排気系(チャンバー、サイレンサー)も新設計とするなど、エアクリーナー構造やキャブレーター、燃焼室形状など細部の熟成とあいまって低・中回転域から高回転域まで一段と力強く俊敏な出力特性(最高出力:37PS→40PS、最大トルク:3.4kgm→3.7kgm)を発揮させている。併せて、ミッションは1〜4段のギア比をエンデューロ走行に適したクロス・レシオとし、6段(トップ)をハイ・レシオ化することで市街地走行から高速道路での使い易さも向上させている。
 足廻りは、前・後サスペンションとも新設計とし、フロントにはCRと同サイズの高剛性極太(スライド・パイプ径45mm)倒立式フォークを新たに採用。クッション作動量も280mmから290mmへと伸ばし、同時に圧側の減衰力調整機構も新設している。リア・サスペンションは、ホンダ独自のデルタ・プロリンクのリンク比を変更するとともに、ダンパーもサイズを大径化(44mm)したアルミ製を採用。同時に弁形状や調整機構など内部構造にも徹底改良を図り、作動量も280mmから300mmに伸ばしており、エンデューロ走行など過 酷な条件下でも低速はスムーズに、高速ではこしのある作動特性と安定した減衰力を発揮させるとともに、ライダーの好みや路面状態に応じた調整幅も広げている。
 フレームは、エンジンの高出力化と足廻りの強化にあわせ、ヘッドパイプ、メインパイプ、ダウンチューブなど構成部品の厚さを変更し、剛性バランスの最適化を図ることによって悪路での操縦性を向上させている。
 カラーリングは、ホワイトをベースに蛍光レッドを大胆に配し、軽快で力強く躍動感溢れる個性的なものとしている。

◎その他の主な特徴

 ・アルミ製ラジエーターを大容量化(CR250Rと同サイズ)
 ・タフネスを向上させたクランク・シャフト廻り
 ・操作フィーリングを向上させたクラッチ、ミッション
 ・悪路走破性を向上させた新設計の軽量リア・タイヤ
 ・ブレーキ・タフネスを向上させた前・後ブレーキ・ディスクプレート
 ・操作性を向上させたリア・ブレーキペダル
 ・ライダーの体重移動をよりスムーズにする新設計のチャンバー形状
 ・被視認性を向上させた方向指示器(10W→15W)


主要諸元
通称名
CRM 25 0R
型式
MD 24
全長×全幅×全高(m)
2.160×0.840×1.220
軸距(m)
1.460
最低地上高(m)
0.320
シート高(m)
0.885
車両重量/乾燥重量(kg)
127/115
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
32.4
最小回転半径(m)
2.3
エンジン型式
MD24E(水冷・2サイクル・単気筒・クランクケースリードバルブ)
総排気量(cm3)
246
内径×行程(mm)
66.0×72.0
圧縮比
6.4
最高出力(PS/rpm)
40/8,000
最大トルク(kgm/rpm)
3.7/6,500
キャブレター型式
PE 31
始動方式
キック式
点火装置形式
CDI式マグネット点火(PGM-DC-CDI)
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
1.1
燃料タンク容量(L)
10
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.916
2速
1.875
3速
1.400
4速
1.090
5速
0.909
6速
0.807
減速比(1次/2次)
2.600/3.000
キャスター(度)/トレール(mm)
27°30′/113
タイヤサイズ 
3.00-21 51 P
4.60-18 63 P
ブレーキ形式 
油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 
テレスコピック式(倒立タイプ)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式
セミダブルクレードル



プレスルームへプレスインフォメーションへ