MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1990年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1990年の目次へ

二輪製品ニュース
1990年1月18日
運動性能の高さで好評のスーパースポーツバイク
「ホンダVFR400R」のサスペンション機能を
充実させるとともに、カラーリングを一新し発売


 本田技研工業(株)は、操縦しやすく、高い運動性能を発揮するV型4気筒エンジン搭載のスーパースポーツバイクとして大変好評を得ている「ホンダVFR400R」の前・後サスペンション構造を変更し、運動性能を一段と向上させるとともに、カラーリングを一新し、2月1日より発売する。

 このVFR400Rのエンジンは、カムシャフトをギア(歯車)で駆動するホンダ独創の水冷・4サイクル・DOHC・90度・V型4気筒を搭載。V4エンジンの持ち味であるトルク感あふれる出力特性にくわえ、中・低速域での俊敏で力強い応答性をも両立させている。
 フレームは、剛性バランスに優れた極太の「目の字」構造をもつ異形5角断面材を使用したホンダ独自のアルミ・ツインチューブ・フレームを採用している。
 足廻りは、フロントサスペンションに、新たに圧側と伸び側でそれぞれ独立した減衰力バルブを備えたカートリッジ式サスペンションを採用。よりきめの細かいセッティングが可能となり、一層優れた作動特性を実現また初期荷重の調整機構にくわえ、12段階の減衰力アジャスター(伸び側)を採用し、調整範囲を大幅に高めている。

 また、リアサスペンションは、フロントサスペンションの充実に合わせ新たに放熱性に優れた別体式リザーバータンクを装備し、サーキット走行などハードな走行時にも安定した減衰力特性を発揮。同時にスクリュー式の初期荷重調整機構も採用。これら足廻りの充実によってVFR400Rならではのエンジンやフレームのもつ優れた特性を一層高次元でバランスさせ、操る楽しさを満喫できるスーパースポーツバイクに仕上がっている。
 車体色は、新パターンの若々しいトリコロールカラー(ロスホワイト/ファイティングレッド/ダカールブルー)と、力強く、渋味のあるボストークシルバーメタリックを基調にグラニットブルーメタリックを配した二色を設定している。

ホンダ VFR400R
ホンダ VFR400R

販売計画(国内・年間) 10,000台
メーカー希望小売価格 719,000円
(速度警告灯装着車は、10,000円高。)
(北海道・沖縄は、9,000円高、その他一部離島を除く。)
(消費税含まず。)


主要諸元
通称名 VFR400R
型式 NC30
全長×全幅×全高(m) 1.985×0.705×1.075
軸距(m) 1.345
最低地上高(m) 0.125
シート高(m) 0.755
車両重量/乾燥重量(kg) 185/167
乗車定員(人) 2
燃費(km/L)60km/h定地走行テスト値 37.0
最小回転半径(m) 3.0
エンジン型式 NC13E
(水冷・4サイクル・DOHC・4バルブ・V型4気筒)
総排気量(cm3) 399
内径×行程(mm) 55.0×42.0
圧縮比 11.3
最高出力(PS/rpm) 59/12,500
最大トルク(kgm/rpm) 4.0/10,000
キャブレター型式 VDE3
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 3.0
燃料タンク容量(L) 15
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング
(バックトルクリミッター内蔵)
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.928
2速 2.166
3速 1.800
4速 1.590
5速 1.434
6速 1.318
減速比(1次/2次) 2.117/2.666
キャスター(度)/トレール(mm) 25°20′/96
タイヤサイズ 120/60R17 55H
150/60R18 67H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク(フローティング)
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 バックボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ