MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1989年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1989年の目次へ

二輪製品ニュース
1989年12月22日
米国ホンダ オハイオ工場製大型ツーリングバイク
'90年型「ゴールドウイング SE」を輸入し発売


 本田技研工業(株)は、米国の生産拠点であるホンダ・オブ・アメリカ・マニファクチャリング(HAM)でのみ生産し、'88年型より日本に輸入し好評の大型ツーリングバイク「ゴールドウイング」に、快適で充実した数々の装備を採用、'90年型「ゴールドウイング SE」として輸入し、平成2年2月10日より発売する。

 ゴールドウイングは、ホンダの2輪車ラインアップの最高峰モデルとして位置付けられ、1.5L水平対向6気筒エンジンや、ライダーに快適な乗り心地をもたらす小型コンプレッサー付エア・サスペンション(後・右側)、低重心の高剛性ダブルクレードル・フレーム、電動リバース・システム、さらに4輪車感覚の豪華で充実した装備など、従来のモーターサイクルの概念とは一線を画すモデルとなっている。

 90年型ゴールドウイングSEは、新たに、

ウインド・スクリーン中央に、風量が三段階で調整できるベンチレーションシステム
冷寒時、排気管で暖められたホット・エアを足元に導くフット・ウォーマー機構
同乗者の快適性を向上させる可動式(上下方向で60mm)ピリオン・ステップボード
夜間のスイッチ操作性を向上させる透過光式照明(イルミネーション)内蔵の各スイッチ類
足付き性を向上させる低シート高(770mm→755mm・国内専用)
後方からの被視認性を向上させる発光ダイオード採用のハイマウント・ストップランプを後部トランク上部に装備
コーナリング方向を照らすウインカー・スイッチ連動式コーナリングランプ
小雨や埃などによるシートの汚れを低減する収納式シートカバー
SEタイプの車格にあわせた専用エンブレム
車体と同色のパールホワイトを基調としたスペシャル・キー(国内専用)
深みのある艶を持つパールホワイト塗装をベースとしたツートーン・カラー

などを採用し、2輪車の持つ爽快感溢れる乗り心地や、4輪車感覚のハイグレードな装備がもたらす快適さを一段と向上させている。

ゴールドウイング SE
ゴールドウイング SE

●輸入販売計画(本年度・国内)
                  420台
●メーカー希望小売価格
               1,980,000円
(消費税を除く。)
(北海道・沖縄は10,000円高、その他一部離島を除く。)


主要諸元
型式 ホンダオブアメリカ SC22
全長×全幅×全高(m) 2.630×0.955×1.525
軸距(m) 1.700
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.755
車両重量/乾燥重量(kg) 399/368
乗車定員(人) 2
燃費(km/L)60km/h定地走行テスト値 26.1
最小回転半径(m) 3.1
エンジン型式 SC22E(水冷・4サイクル・水平対向6気筒・OHC)
総排気量(cm3) 1,520
内径×行程(mm) 71.0×64.0
圧縮比 9.8
最高出力(PS/rpm) 97/5,000(SAE)
最大トルク(kgm/rpm) 15.2/4,000(SAE)
キャブレター型式 VDG9
始動方式 セルフ式
点火装置型式 フル・トランジスタ式バッテリ点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L) 4.3
燃料タンク容量(L) 23
クラッチ形式 湿式多板ダイヤフラムスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1速 2.666
2速 1.722
3速 1.272
4速 0.964
5速 0.758
後退 8.846
減速比(1次/2次) 1.591/0.971×2.833
キャスター(度)/トレール(mm) 30°00′/115
タイヤサイズ 130/70-18 63H
160/80-16 75H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ