MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1989年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1989年の目次へ

二輪製品ニュース
1989年12月18日
積載性に優れ、多目的に使えるレジャー・スリーター(3輪車)
「ホンダ ジャイロX(エックス)」の総合性能を一段と向上させ発売


 本田技研工業(株)は、3輪ならではの個性溢れるスタイリングと独創的な機構などで好評の、多目的レジャー・スリーター「ホンダ ジャイロX(エックス)」の走行性能や各部の強度・耐久性など、総合性能を一段と向上させ12月19日より発売する。

 このジャイロXは、昭和57年の発売以来、3輪ならではの乗り易く扱い易い各部の機能や、従来の2輪車とは異なる個性的なスタイリングなど多目的に使えるレジャー車として好評を得ているもので、今回の変更は、これらに加え近年の都市交通状況の中で新たなファッション性を備えたビジネス車としてのニーズも高まっており、これらの要望に応えるため車体各部の強度・耐久性や出力特性など大幅な改良を図ったものである。

●主な変更点
エンジンは、強制空冷・2サイクル・単気筒の49ccで、燃焼室形状の変更と変速比のワイド化を図ることにより、低速域での粘り強さを向上させると同時に、発進時の力強さを一層向上。
ビジネス車としての使い勝手も配慮し、フレーム各部、リア・キャリアの取り付け部、リア・ホイール、操舵廻り、駆動系など各部の強度・耐久性を向上。
バッテリー液の補水が不要のMFバッテリーを採用。
手のひらを暖めるスマートなビルトイン(内蔵)タイプのグリップヒーター(装着車を設定)。
●従来からの主な特徴
運転しやすいオートマチック(Vマチック)機構採用の3輪車。
荷物の積載時でもスタンド掛けをすることなく、容易に駐車することができるワンタッチ・パーキング機構。
積載性の良い前・後の大型キャリア。
悪路でも優れた走行性を発揮するノンスリップ・デフ機構。

ホンダ ジャイロX
ホンダ ジャイロX

販売計画(国内・年間) 7,000台
メーカー希望小売価格 200,000円
  208,000円
(グリップヒーター装着車)
(消費税を含まず。)
(北海道・沖縄価格は5,000円高、その他一部離島は除く。)


主要諸元
販売通称名 ホンダ ジャイロX
型式 A-TD01
全長×全幅×全高(m) 1.635×0.640×1.405
軸距(m) 1.155
最低地上高(m) 0.105
シート高(m) 0.715
車両重量/乾燥重量(kg) 93/88
乗車定員(人) 1
燃費(km/L)30km/h定地走行テスト値 51.2
最小回転半径(m) 1.7
エンジン型式 TD01E(空冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 40.0×39.3
圧縮比 6.9
最高出力(PS/rpm) 4.5×6,500
最大トルク(kg m/rpm) 0.54/4,500
キャブレター型式 PA29
始動方式 セルフスターター式(キック式併用)
点火装置型式 CDI式マグネット点火
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 1.3
燃料タンク容量(L) 5.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速機形式 自動遠心無段変速式(Vマチック)
変速比 1速 2.450〜0.850
2速
3速
4速
5速
6速
減速比(1次/2次) 3.076/3.916
キャスター(度)/トレール(mm) 27°00′/84
タイヤサイズ 3.50/10-2PR
5.4/6-4PR
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 ボトムリンク式
ユニットスィング式
フレーム形式 アンダボーン


プレスルームへプレスインフォメーションへ