MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1988年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1988年の目次へ

二輪製品ニュース
1988年2月22日
市街地から未舗装路まで軽快に走れる斬新なスポーツバイク「ホンダNX125」を発売

 本田技研工業(株)は、通常の市街地走行だけでなく峠道や未舗装路まで、より幅広い走行環境で楽しく軽快に走れる新しいタイプの斬新なスポーツバイク「ホンダNX125」を、3月10日より発売する。
 このNX125は、従来のランドスポーツバイクとスーパースポーツバイクの長所をバランスさせた新しい分野のスポーツバイクで、スタイルの面でも、新しい走行感覚のイメージを具現化し、軽快で躍動感あふれるものとしている。
 エンジンは、空冷・4サイクル・OHC単気筒・124ccで、通常使用することが多い中・ 低速域で、特に扱い易くレスポンス性に優れた出力特性としながら、4サイクルエンジンならで はの耐久性と高い経済性を発揮する設計としており、始動の容易なセル・スターター装備とあい まって使い勝手を一層向上させている。
 フレーム廻りは、鋼板と鋼管を組み合わせたスリムなダイヤモンド型フレームに、ハロゲンヘッ ドライトやコンパクトで機能的なメーター類を組み込んだフェアリングを固定することで、より 軽快な操縦性を実現している。
 足廻りは、未舗装路での踏破性を高めるためロングストローク(前・200mm/後・180 mm)のサスペンションに軽量で大径(前・21インチ/後・18インチ)のアルミ製リム採用 のワイヤースポーク・ホイールを組み合わせることで、荒れた路面での優れた走行性と市街地で の軽快な取り廻し性を両立させている。

ホンダNX125
ホンダNX125


●販売計画(国内・年間予定)
                 1,500台
●全国標準現金価格
               299,000円
 [北海道・沖縄は、8,000円高。その他一部離島を除く。]

●その他の主な装備
・制動フィーリングの良い前輪油圧式ディスクブレーキ。
・補水の手間が不要の12V・MFバッテリー。
・専用設計の新パターン・タイヤ。フロントフォークブーツ。
・エンジン下部の大型スキッドプレート。
・フレーム固定のピリオンステップ&ブラケット。
・便利で使い易いリア・キャリア。
主要諸元
型式
JD09
全長(m)
2.015
全幅(m)
0.820
全高(m)
1.150
軸距(m)
1.325
最低地上高(m)
0.275
シート高(m)
0.820
車両重量(kg)
118
乾燥重量(kg)
110
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)50km/h定地走行テスト値
60.7
最小回転半径(m)
2.1
エンジン型式
JD09E(空冷・4サイクル・OHC・単気筒)
総排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
56.5×49.5
圧縮比
9.4
最高出力(PS/rpm)
12/9,000
最大トルク(kg-m/rpm)
1.0/7,500
キャブレター型式
PD52
始動方式
セルフ式
点火方式
CDI式マグネット点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.1
燃料タンク容量(L)
8.5
クラッチ形式
湿式多板コイル・スプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比 1速
2.769
変速比 2速
1.722
変速比 3速
1.227
変速比 4速
0.960
変速比 5速
0.777
減速比(1次/2次)
3.333/3.733
キャスター(度)
26°00′
トレール(mm)
105
タイヤサイズ 前
2.75-21-4PR
タイヤサイズ 後
4.10-18-4PR
ブレーキ形式 前
油圧式ディスクブレーキ
ブレーキ形式 後
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 前
テレスコピック
懸架方式 後
スイング・アーム(プロリンク)
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ