MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1986年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1986年の目次へ

二輪製品ニュース
1986年9月19日
モトクロス競技専用車「ホンダCR250R/125R」の
総合性能を一段と向上させて発売


 本田技研工業(株)は、高性能・水冷2サイクルエンジンを搭載したモトクロス競技専用車「ホンダCR250R/125R」のエンジン出力および足廻り特性などを一段と向上させ、9月20日より発売する。

 このCR250R/125Rは、日本はもとより世界各地の不整地で行なわれるモトクロス競技で実証された新技術を投入して開発されたもので、特にエンジン、足廻り性能を一段と向上させ、不整地における走破性をいっそう高めたものとなっている。

 このCR250Rに搭載のエンジンは、回転数に応じて排気タイミングを変化させ、優れた充填効率によって力強い燃焼が得られるホンダ独自のH・P・P(ホンダ・パワー・ポート)の作動特性の変更や、吸・排気系などの改良により、出力向上(47.5PS/8500rpm→50PS/8000rpm)を実現。さらに、ニッケルとシリコンカーバイドをシリンダー内壁にコーティングした好評のNSシリンダーや、ハードクロムメッキのピストンリングを新たに採用することにより、エンジンの高出力化に伴った耐熱性、耐久性の向上を計ったものとなっている。

 また、CR125Rには、今回新たに吸気効率を大幅に向上させるクランクケースリードバルブ方式の採用や、低・中回転域のトルクを増幅させるATAC機構の改良などにより、出力向上(33.5PS/11,500rpm→34.5PS/11,500rpm)を実現。

 足廻りは、新たに後輪にディスクブレーキの装着やシンプルで高剛性のハイブリッドタイプのリアフォークを採用。さらに常に安定した減衰力特性が得られ好評を得ているカートリッジ型フロントサスペンションをCR125Rにも採用し、ホンダ独自のプロリンク・リアサスペンションなどとあいまって不整地での走破性を一段と向上(CR250R/125R)。

 また、分割式のクランクケースカバー、パッド交換が容易なキャリパー、サブタンクとダンパーケースが一体式のリアクッションユニットなどの採用により、メンテナンス性向上にも寄与した設計となっている(CR250R/125R)。

このCR250R/125Rは、競技専用車として開発されたもので、一般道路や、公共の用に供する場所では走行できない。

CR250R
CR250R
CR125R
CR125R

●販売計画〈国内・年間〉
   CR250R/125R 合計1,100台
●全国標準現金価格
  (北海道、沖縄および一部離島を除く。)
   CR250R 469,000円
   CR125R 389,000円


主要諸元
  CR250R CR125R
全長(mm) 2,180 2,135
全幅(mm) 825 825
全高(mm) 1,215 1,230
軸距(mm) 1,480 1,450
シート高(mm) 9,30 9,10
乾燥重量(kg) 97.5 87.5
エンジン種類・冷却方式 水冷2サイクル・ピストンリードバルブ単気筒 水冷2サイクル・ケースリードバルブ単気筒
総排気量(cm3) 249 124.8
内径×行程(mm) 66.4×72 54×54.5
圧縮比 9.1 8.8
最高出力(PS/rpm) 50/8000 34.5/11500
最大トルク(kg-m/rpm) 4.7/7000 2.3/10500
キャブレター型式 PJ38 PJ34
始動方式 プライマリーキック プライマリーキック
点火方式 電子進角CDI 電子進角CDI
燃料タンク容量(l) 7.5 6.5
変速機形式 常時噛合式5段リターン 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 1.800 2.230
変速比 2速 1.389 1.823
変速比 3速 1.150 1.526
変速比 4速 1.000 1.285
変速比 5速 0.870 1.130
変速比 6速 1.000
キャスター(度)/トレール(mm) 27°30′/114 26°/105
タイヤサイズ 前 80/100-21 80/100-21
タイヤサイズ 後 110/100-18 100/100-18
緩衝装置 前/後 テレスコピック/スイングアーム(プロリンク) テレスコピック/スイングアーム(プロリンク)
ブレーキ型式 前/後 油圧式ディスク/油圧式ディスク 油圧式ディスク/油圧式ディスク
フレーム型式 セミダブルクレードル セミダブルクレードル
バッテリー


プレスルームへプレスインフォメーションへ