MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1986年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1986年の目次へ

二輪製品ニュース
1986年6月25日
新設計エンジン搭載のスポーティスクーター
「ホンダDJ・1L」を発売


 本田技研工業(株)は、昭和60年4月に発売して以来、スポーティなデザインと軽快な走行で好評を得ているDJ・1シリーズに、新設計エンジン(56cm3)搭載のスポーティスクーター(第二種原動機付自転車)「ホンダDJ・1L」を追加し、6月26日より発売する。
 このDJ・1Lは、DJ・1シリーズをベースに開発。エンジンは、空冷2サイクル5.8馬力エンジンを搭載、好評のワイドレシオ・Vマチック(無段変速)機構とあいまって、低速から中速までなめらかで力強い走行を可能としている。
 装備面では、接地性にすぐれた10インチ・タイヤを装備、快適な乗り心地と軽快な走行を可能としている。また、視認性の良いハロゲンヘッドライト(30W)・スモークドウインカーレンズの採用やバックミラーを左右に標準装備するなど、扱い易くファッショナブルなヤング向けのスポーティスクーターとなっている。

DJ・1L
DJ・1L

販売計画(国内・年間予定)
20,000台
全国標準現金価格
139,000円
(北海道・沖縄・一部離島はそれぞれ3,000円高。)


主要諸元
型式 DF01
全長×全幅×全高(mm) 1,650×590×1,025
ホイールベース(mm) 1,180
シート高(mm) 735
車両重量(kg) 59
乾燥重量(kg) 55
乗車定員 1名
エンジン型式・排気量(cm3) DF01E空冷2サイクル・56
最大出力(PS/rpm) 5.8/6,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.68/6,000
サスペンション (前)トレーリング式ボトムリンク (後)ユニットスイング式
燃量(km/L) 60.2(50km/h定地走行テスト値)
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
始動方式 セルフ式(キック式併用)
点火方式 CDI
燃料タンク容量(L) 3.0
潤滑油容量(L) 0.9
タイヤサイズ(前・後) 2.75-10-2PR/2.75-10-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ