MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1986年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1986年の目次へ

二輪製品ニュース
1986年4月25日
新設計・4サイクルエンジン搭載のトライアル・スポーツバイク
「ホンダ・TLR250R」を発売


 本田技研工業(株)は、近年盛んになりつつあるトライアル・スポーツやツーリングに適した、新設計4サイクルエンジン(244cm3)搭載の軽量でスリムなトライアル・スポーツバイク「ホンダ・TLR250R」を4月30日より発売する。

 このTLR250Rは、軽量・小型新設計の空冷・4サイクル・OHC単気筒エンジンを搭載。
特にトライアル・スポーツにおいて使用頻度の高い極低速から低・中速域にかけて強力な出力特性を、高速域ではなめらかな出力特性を発揮、トライアル・スポーツやツーリングなどに適したものとなっている。
 フレームは、軽量・高剛性で縦長楕円断面形状のサイドパイプ式ダイヤモンドフレームを採用。 トライアル車にはかかせない車体のスリム化と車両重両93kg(乾燥重量)の軽量化を同時に実現。さらに、トライアル車では世界初の分割式センタータンク方式を採用、燃料タンクをメインタンク(4L)とシート下に配置したサブタンク(2L)の 二つに分割し、最適な前後重量バランスと310mmの最低地上高を実現するとともに、平らなエンジン保護板やプロリンクサスペンションの採用とあいまって扱いやすいものとしている。
 また、すぐれた燃料経済性(55.3km/l:50km/H定地走行テスト値)、6Lの燃 料タンク容量、6速ミッションなどにより、ツーリングにも適したものとなっている。

ホンダ・TLR250R
ホンダ・TLR250R

●販売計画(国内・年間・予定)
    6,000台
●全国標準現金価格
    379,000円
   (北海道、沖縄価格は9,000円高。その他一部離島を除く。)


●その他の主な特徴
ハンドル切れ角を左右68度とし、トライアル・スポーツでも威力を発揮。
強度と弾性にすぐれた、TLスポーク(Tangent Located Spoke)を採用。
軽量・高剛性にすぐれた、アルミ・スイングアームを採用
エアクリーナーケースをエンジン上部に配置、防水性を向上。


主要諸元
型式
MD18
全長(m)
2.030
全幅(m)
0.820
全高(m)
1.110
軸距(m)
1.335
最低地上高(m)
0.310
シート高(m)
0.780
車両重量(kg)
99
乾燥重量(kg)
93
乗車定員(人)
1
燃費(km/L)
55.3(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
1.6
ハンドル切角(度)
68°
エンジン型式
MD18E・空冷4サイクルOHC単気筒
排気量(cm3)
244
内径×行程(mm)
72.0×60.0
圧縮比
8.5
最高出力(PS/rpm)
14/5,500
最大トルク(kg-m/rpm)
2.0/2,500
キャブレター型式
P09
始動方式
キック式
点火方式
無接点式CDI
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.7
燃料タンク容量(L)
4+2
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比 
1速
2.846
変速比
2速
2.294
変速比 
3速
1.850
変速比 
4速
1.434
変速比 
5速
1.000
変速比 
6速
0.838
減速比(1次/2次)
3.0861
キャスター(度)
21°50′
トレール(mm)
47
タイヤサイズ 
2.75-21-4PR
タイヤサイズ 
4.00-18-4PR
ブレーキ形式 
機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式 
懸架方式 
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
懸架方式 
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ