MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1986年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1986年の目次へ

二輪製品ニュース
1986年4月11日
水冷4サイクルDOHC4気筒エンジン搭載のスーパースポーツバイク
「ホンダ・CBR250FOUR(フォア)」を発売


 本田技研工業(株)は、250ccクラスで初めてカムシャフトをギア(歯車)で駆動する水冷・4サイクル・DOHC4気筒エンジン(最高出力45PS/14,500rpm)搭載や、 軽量・高剛性のアルミ製フレーム採用のスーパースポーツバイク「ホンダ・CBR250 FOUR」を4月25日より発売する。

 この新設計エンジンは、カムシャフトをギアで駆動することにより、高回転時のより正確な弁作動と摩擦抵抗の低減を実現。さらに、クロームモリブデン浸炭コンロッドを採用するなど、往復運動部品の軽量化を徹底して追求。また、新型4連キャブレターから燃焼室までの吸気経路をほぼ一直線とした設計や、大径弁の採用とあいまって、高い吸・排気効率を実現。これらにより、低回転域から高回転域まで、どの回転域でも俊敏で応答性にすぐれスポーツ走行に適したエンジンとなっている。
 車体は、ホンダ独自の製造技術による軽量・高剛性の「目の字」断面 構造を採用したアルミ製ツインチューブ・ダイヤモンド式フレームを採用。また、足回りには、競技用二輪車で開発してきた軽量と高剛性を合わせもつ、新設計「S字」断面スポーク採用のアルミ製キャストホイールや、新設計の偏平タイヤ(前輪80%、後輪70%)を採用。さらに、強化されたフレームと偏平タイヤの特性に合わせた、極太の後輪スイングアーム(プロリンク式サスペンション)とド・カルボン型リアクッションなどの採用により、路面追従性にすぐれた軽快なスーパースポーツバイクとなっている。
 デザインは、ライダーの疲労を軽減させるために、徹底して空力特性を追求することから生まれた大型フロント・フェンダーや、ヘッドライトと一体化したハーフ・フェアリング(風防)、リア・カウルなどを採用。これらが、新感覚のタンク形状と一体となり、新世代のスーパースポーツバイクを感じさせる強く美しいフォルムを作り出している。

CBR250FOUR
CBR250FOUR
 
●販売計画(国内・年間予定)
   28,000台
●全国標準現金価格
   549,000円
  (北海道・沖縄、その他一部離島を除く。)


主要諸元
型式
MC14
全長(m)
2.000
全幅(m)
0.685
全高(m)
1.120
軸距(m)
1.370
最低地上高(m)
0.140
シート高(m)
0.750
車両重量(kg)
153
乾燥重量(kg)
138
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
48.2(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
2.6
エンジン型式
MC14E・水冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
総排気量(cm3)
249
内径×行程(mm)
48.5×33.8
圧縮比
11.0
最高出力(PS/rpm)
45/14,500
最大トルク(kg-m/rpm)
2.5/10,500
始動方式
セルフ式
点火方式
フルトランジスタ式
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
2.7
燃料タンク容量(L)
14
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
キャスター(度)
26°00′
トレール(mm)
97
タイヤサイズ 
100/80-17 52H
タイヤサイズ 
130/70-17 62H
ブレーキ形式 
油圧式ダブルディスク
ブレーキ形式 
機械式リーディングトレーリング
懸架方式
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
懸架方式 
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
ダイヤモンド


プレスルームへプレスインフォメーションへ