MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1985年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1985年の目次へ

二輪製品ニュース
1985年4月22日
山道や未舗装道路の走行に適したランドスポーツバイク
「ホンダXLR250R及びXL200R」と
競技専用バイク「ホンダXR250R」を発売


 本田技研工業(株)は、軽量で力強い空冷4サイクル単気筒エンジンを搭載し、山道や未舗装 道路など不整地での走行に優れたサスペンションや油圧式ディスクブレーキを備えたランドスポー ツバイク「ホンダXLR250R・XL200R」を4月30日より、また、ラリーや耐久レー スなど不整地での競技専用車として開発された「ホンダXR250R」を限定販売(300台) で同じく4月30日より発売する。

 この三機種は、世界の砂漠や不整地などで開催されている耐久レースで活躍し、高性能と信頼 性を実証した空冷4サイクルOHC単気筒エンジンを搭載。優れた吸・排気効率と燃焼効率を実 現することにより、不整地走行用バイクに求められる低・中速域での力強いトルクと高回転域ま でスムーズに伸びるエンジン特性を有している。
 また、走廻りには、モトクロスレースなどで好評のリザーバー付ダンパーを装着したホンダ独 自のプロリンク・リアサスペンションやフリクションロスが少なく、スムーズな作動性を発揮す るフロントサスペンションなどを採用することにより優れた走破性と路面追従性を実現している。
 さらに、前輪には、不整地走行を配慮した専用設計の油圧式ディスクブレーキ、小枝やブッ シュ、小石から手を保護するナックルガード、エンジン下部を保護する大型スキッドプレートなどを採用し、本格的な不整地走行に合わせた装備としている。
なお、XR250Rは、競技専用車輌のため、一般道路や私道、農道、公園など不特定の人や車が出入りする場所では走行できません。また、登録してナンバーを取得することも出来ません。

XLR250R
XLR250R
XL200R
XL200R
XR250R
XR250R
 


  ●販売計画(国内・年間)
   XLR250R 8,000台
   XL200R  4,000台
   XR250R  300台(限定)
  ●全国現金標準価格
   XLR250R 358,000円
   XL200R  289,000円
   XR250R  369,000円
  (北海道、沖縄および一部離島を除く。)


◎主な特長
始動時のキック踏力を軽減するデコンプの採用(全車)。
より高い吸・排気効率と燃焼効率を生むRFVC(放射状4バルブ方式燃焼室)システムの採用(XLR250R、XR250R)。
伸びにくく、耐久性に優れたシール付ロングライフチェーン(XLR250R、XR250R)。
軽量でありながら、苛酷な走行にも耐える高剛性を実現したセミダブルクレードルフレーム (XLR250R、XR250R)。
回転数に応じ効果的に混合気を供給するデュアルインテークキャブレター(XR250R)。
リアスイングアームにアルミ材を採用(XLR250R)。


主要諸元
 
XLR250R
XL200R
XR250R
型式
MD16
MD14
全長(m)
2.125
2.110
2.035
全幅(m)
0.860
0.875
0.880
全高(m)
1.210
1.145
1.180
軸距(m)
1.385
1.370
1.365
最低地上高(m)
0.300
0.275
0.315
シート高(m)
0.850
0.850
0.905
車両重量(kg)
123
114
114
乾燥重量(kg)
113
106
106
乗車定員(人)
2
2
燃費(km/L)
53.0(50km/h定地走行テスト値)
57.0(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
2.1
2.3
エンジン形式
MD16E
MD06E
空冷4サイクルOHC4バルブ単気筒
空冷4サイクルOHC単気筒
空冷4サイクルOHC4バルブ単気筒
総排気量(cm3)
249
194
249
内径×行程(mm)
75.0×56.5
65.5×57.8
75.0×56.5
圧縮比
9.3
9.2
10.2
最高出力(PS/rpm)
28/8,500
18/8,000
30/9,000
最大トルク(kg-m/rpm)
2.5/7,500
1.7/6,500
2.5/7,500
キャブレター型式
PD79
PD61
PH41
始動方式
プライマリーキック
プライマリーキック
プライマリーキック
点火方式
無接点式CDI
無接点式CDI
無接点式CDI
潤滑方式
圧送飛沫併用式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
1.6
1.1
燃料タンク容量(L)
10
8
9
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
湿式多板コイルスプリング
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
常時噛合式5段リターン
常時噛合式6段リターン
変速比   
1速
2.769
2.769
2.769
2速
1.941
1.722
1.941
3速
1.450
1.272
1.450
4速
1.130
1.000
1.174
5速
0.923
0.777
0.960
6速
0.785
0.815
減速比(1次/2次)
3.100/3.076
3.333/3.307
3.100/−
キャスター(度)
29°30′
28°20′
26°00′
トレール(mm)
120
121
105
タイヤサイズ
3.00-21-4PR
2.75-21-4PR
3.00-21-6PR
4.60-17-4PR
4.10-18-4PR
4.60-17-6PR
ブレーキ形式
油圧式ディスク
油圧式ディスク
油圧式ディスク
機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
懸架方式   
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
スイミングアーム(プロリンク)
スイングアーム(プロリンク)
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
セミダブルクレードル
ダイヤモンド
セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ