ニュースリリース

1984年09月12日

小型・軽量でパワフルな家庭用除雪機「ホンダ スノーラHS70」を発売

 本田技研工業(株)は、小型・軽量で扱いやすく、力強い除雪能力を発揮する強制空冷4サイクルエンジン(G300)搭載の家庭用除雪機「ホンダ スノーラHS70」を10月1日より発売する。

スノーラHS70

スノーラHS70

 この除雪機は、粘り強い4サイクルエンジン(7.0PS/4000rpm)を搭載し、小型ながら毎時28.0トン(比重0.2g/cm3・2速)の優れた除雪能力を発揮。

 また、自走クラッチレバーとオーガ(集雪羽根)クラッチレバーが連動式となっているため、自走クラッチレバーのみの操作で除雪作業を可能とし、さらにオーガクラッチを切るとオーガブレーキが働き、集雪羽根がすみやかに停止する気候となっている。

 さらに、大型コントロールパネルの採用により、操作レバー類を手元に集中させることで運転操作を容易にするとともに、装備面でもセルフ付タイプには、始動が楽なセルフスターター機構や、視認性の良いハロゲンヘッドライトを標準装備するなど、操作性にすぐれたものとなっている。

販売計画(国内・年間予定)

1,000台

全国標準現金価格

268,000円(スタンダードタイプ)
298,000円(セルフ付タイプ)

主な特徴

  • エンジンは、最大出力7.0PS/4000rpmを発揮する粘り強い、強制空冷4サイクル272ccのホンダ汎用エンジンG300を搭載。
  • 大型コントロールパネルにリモコン式投雪距離調節レバー、変速レバー、セルフスタータースイッチなどを手元に集中し、操作性を向上。
  • オーガクラッチレバーと自走クラッチレバーが連動している機構と、オーガクラッチを切るとオーガブレーキが働き集雪羽根がすみやかに停止するオーガブレーキを標準装備。
  • 始動が楽なセルフスターターを標準装備(セルフ付タイプのみ)。
  • 視認性のよいハロゲンヘッドライトを標準装備(セルフ付タイプのみ)。
  • 除雪部の高さが、足踏み式で3段階に調整でき、移動・段切り除雪などが容易にできる設計。

主要諸元

全長(mm) 1,460
全幅(mm) 605
全高(mm) 1,029
乾燥重量(kg)(セル付) 102
乾燥重量(kg)(セルなし) 91
最大除雪量(t) 38.0(比重0.2g/cm3・2速)
最大除雪幅(mm) 605
除雪部全面高さ(mm) 470
最大投雪距離(m) 12
走行方式 ゴムクローラ
変速数 前進3段、後進1段
除雪装置形状 2ステージ
エンジン G300
型式 強制空冷4サイクルSV単気筒
排気量(cc) 272
最大出力(PS/rpm) 7.0/4000
始動方式(セル付) セルスターター/リコイル併用
始動方式(セルなし) リコイルスターター
燃料タンク(L) 6.0
ランプ出力 12V-18W

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。