MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1984年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1984年の目次へ

二輪製品ニュース
1984年2月29日
快適な長距離ツーリングが楽しめる大型スポーツバイク
「ホンダ・CBX750ホライゾン」を発売


 本田技研工業(株)は、精悍なスタイルに軽量・コンパクト設計の並列4気筒エンジン(747cc)を搭載、静かでメンテナンス性に優れたシャフトドライブ機構を採用するなど、長距離ツーリングに適した大型スポーツバイク「ホンダ・CBX750ホライゾン」を3月1日より発 売する。

 このCBX750ホライゾンは、軽量・コンパクト設計で77馬力の高出力と36km/L (60km/h定地走行テスト値)の燃料経済性を実現したDOHC・16バルブ・並列4気筒 エンジンを搭載。さらにメンテナンスフリー化を図るため、タペットの隙間調整が不要な油圧式 バルブクリアランス自動調整機構やエンジン後背部に配置したブラシ交換の不要なブラシレスACジェネレーター、クラッチレバーの遊び調整を不要とした油圧クラッチなどを各部に採用して いる。
 車体設計は、コンピューター解析による軽量・高剛性設計でダウンチューブ内にエンジンの潤滑オイル通路を設定したダブルクレードルフレームを採用。サスペンションはフロントにエア・ サスペンション、リアには減衰力を4段階に調整できるFVQダンパーを装備、コンパクトなニューTRAC(ブレーキトルク応答型アンチダイブ機構)の採用とあいまって優れた路面追従 性を発揮する。またフロントにダブルディスクブレーキを採用。
 さらにシフトダウン時に発生するエンジンのトルク変動をスムースに後輪に伝達し、なめらかな走りを可能とするホンダ独自のバックトルクリミッター機構や、低振動で静粛性の優れたシャフトドライブ機構の採用など、乗り心地の良い、メンテナンス性に優れた大型ツーリングスポーツバイクとなっている。
 これにより、ホンダの750ccクラスのスポーツバイクは7機種と充実、より幅広いお客様の要望に応えられるものとなった。

ホンダ・CBX750ホライゾン

  ●販売計画は、2,000台(国内・年間)を予定。
  ●全国標準現金価格は、685,000円である。
  (北海道・沖縄は10,000円高。その他、一部離島を除く。)


◎その他の主な特長
冷却効率の優れたオイルクーラーを装備。
カムチェーン調整の不要なオートカムチェーンテンショナーを採用。
ポイントレスの電子進角式フルトランジスタ・イグニッションユニットの採用。
静粛性と排気効率の向上を図った4−2−1−2の集合排気システム。
フロント18インチ、リア16インチのキャストホイール採用。
タイヤは前後ともチューブレスタイヤを装備。
大光量60W/55Wの角型ハロゲンヘッドライト採用。
スリムなデザインのフューエルタンク。
オイルフイルターはカートリッジ方式を採用。
精悍なデザインのカウリングを採用。


主要諸元
型式
RC18
全長(m)
2.200
全幅(m)
0.780
全高(m)
1.195
軸距(m)
1.515
最低地上高(m)
0.140
シート高(m)
0.780
車両重量(kg)
231
乾燥重量(kg)
215
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
36(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.46(約25度)
最小回転小半径(m)
2.8
エンジン型式  
RC17E
空冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
総排気量(cm3)
747
内径×行程(mm)
67.0×53.0
圧縮比
9.3
最高出力(PS/rpm)
77/9.500
最大トルク(kg-m/rpm)
6.5/7.500
キャプレター型式
VE65
始動方式
セルフ
点火方式
フルトランジスタ
潤滑油方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
3.6
燃料タンク容量(L)
16
クラッチ形式
湿式多板ダイヤフラムスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比      
1速
2.235
2速
1.545
3速
1.240
4速
1.037
5速
0.866
6速
0.750
減速比1次/2次
1.780/3.670
キャスター(度)
30°00′
トレール(mm)
111
タイヤサイズ   
110/90-18 61H
130/90-16 67H
ブレーキ形式  
油圧式ダブルディスク(デュアルピストンキャリバー)
機械リーディングトリーリング
懸架方式    
テレスコビック(円筒空気バネ併用)
スイングアーム(コイルバネ)
フレーム形式
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ