MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年9月12日
女性でも取りまわしの楽な
軽量、スリムなスクーター「ホンダ・イブ」発表


 本田技研工業(株)は、軽くて愛らしいスタイルで、取りまわしがしやすく、軽快な走りを楽しむことができるスクーター「ホンダ イブ」(49cc)を9月13日より発売する。

 このホンダ・イブは、始動性、メンテナンス性にすぐれた強制空冷2サイクルエンジンを搭載、 現存のファミリーバイク、スクーターの中で最も軽い車輛重量(キックタイプ・34kg・乾燥 重量)のスクーターである。
 この軽量設計により、女性でも駐車時の取りまわしがしやすく、しかも走行時にはキビキビとした走りを楽しむことができる、軽快で使い勝手のよいスクーターとしている。
 また、全幅0.59mというスリムなスタイリングながら、充分なフロアスペースを確保、さらに大型で低いシートの採用により、ゆったりとした乗車姿勢も可能としている。また、エンジンマウント部に防振リンクを採用することにより、快適な走行を実現している。
 これにより、ホンダのスクーターシリーズは9機種と充実、より幅広いお客様の要望に応えられるものとなった。

ホンダ・イブ
  販売計画〈国内年間予定〉
   240,000台
  全国標準現金価格
   キックタイプ         72,000円
   セルタイプ          79,000円
   セルタイプ(キャンディカラー)86,000円
 (北海道・沖縄価格は3,000円高 その他、一部離島を除く。)


◎主な特長
パワフルな走りを生み出す最高出力4馬力の強制空冷2サイクルエンジン(49cc)を搭載。
CDI点火装置によりエンジンの始動性も向上。
燃料消費率は、リッター当たり100km(30km/h定地走行テスト値)の低燃費を実現。
快適な走りを生む防振リンクをエンジンマウント部に採用。
心地よい音色の電子ホーンを採用。
視認性のよい電気式燃料計を採用。
自己放電の少ない12ボルトのカルシウム・バッテリーを搭載。(セルタイプ)
チャーミングな丸型ヘッドライトを採用。
風や泥はねから足元をガードする幅の広いレッグシールドを採用。
後輪部を包み囲う優美なフルガードボディ。


主要諸元表
型式
A-AF06
全長(m)
1.490
全幅(m)
0.590
全高(m)
0.915
車両重量(kg)
37〈39〉
乾燥重量(kg)
34〈36〉
エンジン・排気量(cm3)
空冷2サイクル単気筒・49
最高出力(PS/rpm)
4.0/6,000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.50/5,500
最小回転半径(m)
1.7
登坂能力(tanθ)
0.19(約11度)
燃費(km/L)
100(30kn/h定地走行テスト値)
変速機形式
オートマチック
始動方式
キック式〈セルスターター〉
点火方式
CDI
燃料タンク容量(L)
2.5
タイヤサイズ(前後とも)
2.50-10-2PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ