MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年8月9日
空冷・4サイクル・45度V型2気筒エンジン搭載の
大型ランドスポーツバイク「ホンダ・XLV750R」を発売


 本田技研工業(株)は、空冷・4サイクル・45度V型2気筒エンジン(749cc)を搭載し、750ccクラスでは国内初のランドスポーツバイク「ホンダ・XLV750R」を8月1 0日より発売する。(300台限定販売)

 このXLV750Rに搭載した狭角V型エンジンは、ホンダ独自の位相クランクの採用により、 バランサーなどを使わず一次振動を低減。また、吸排気効率、燃焼効率ともにすぐれた、1気筒あたり3バルブ・2プラグ方式の採用や、タペット調整が不要で、追従性にすぐれた油圧式バルブクリアランス・オートアジャスター機構の採用などにより、55PS/7,000rpmの高 出力と、中低速域でのビッグでフラットなトルク性能を実現している。また、冷却方式は、長距離不整地走行にも効力を発揮する空冷、ドライサンプ方式とオイルクーラーの採用により、高い潤滑能力を持続させるとともに、エンジンの冷却性能を高めている。
 フレームは、軽量・高剛性の大径・角型断面ダブルクレードルを採用。しかもフレームの一部にオイルタンク、エアケリーナーケースを組み込み、重量の軽減にも寄与している。足まわりは、フロントにエアサスペンション、リアには、走行条件に応じて漸増的にクッション特性が変化する、定評のプロリンク・サスペンションを採用。これにより、高い不整地走破性を発揮させている。
 さらに、リアフォーク兼用のドライブシャフトや、制動力のすぐれた定評のデュアルピストンキャリバー装着の大径276φ、フロント油圧式ディスクの採用など、大型ランドスポーツバイクにふさわしい充実した装備と、低シート高(835mm)などがあいまって、不整地から舗装 路まで快適なロングツーリングが楽しめる。

ホンダ・XLV750R

  ■販売計画
   300台(限定販売)
  ■全国標準現金価格
   750,000円
   (北海道、沖縄価格は7,000円高。その他一部離島を除く。)


◎その他の主な特長
高吸入効率を誇るスラント型VDキャブレター。
大容量19lの大型フューエルタンク。またタンク中央にエアインテーク、右側にプッシュ式 フューエルキャップ(自動施錠装置付き)左側にフューエルコックを配備。
フロントフォークのネジレ剛性を高めるスタビライザー。
エンジンをガードする大型アルミスキッドプレート。
軽量・アルミ合金製の大型リアキァリア。
12V・60W/55Wの角型ハロゲン・ヘッドライト。
ニューデザインのデュアルパーパスタイヤ。
Vサウンドを生むデュアルマフラー。


主要諸元表
型式
RD01
全長(m)
2.235
全幅(m)
0.890
全高(m)
1.230
軸距(m)
1.480
最低地上高(m)
0.235
シード高(m)
0.835
車両重量(kg)
213
乾燥重量(kg)
195
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
35(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.57(約30度)
最小回転半径(m)
2.4
エンジン型式
RD01E・空冷4サイクル OHC3バルブV型2気筒
総排気量(cm3)
749
内径×行程(mm)
79.5×75.5
圧縮比
8.4
最高出力(PS/rpm)
55/7,000
最大トルク(kg-m/rpm)
6.0/5,500
キャブレター型式
VD8D
始動方式
セルフ
点火方式
無接点式CDI
潤滑方式
圧送式ドライサンプ
潤滑油容量(L)
3.5
燃料タンク容量(L)
19
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
変速比
1速2.500/2速1.750/3速1.291/4速1.000/5速0.833
減速比
1.736
キャスター(度)
27°00′
トレール(mm)
100
タイヤサイズ
前90/90-21 54S/後130/80-17 65S
ブレーキ形式
前 油圧式ディスク/後 機械式リーディングトレーリング
懸架方式
前 テレスコピック(円筒空気ばね併用)/後 プロリンク(円筒空気ばね併用)
フレーム形式
ダブルクレードルフレーム


プレスルームへプレスインフォメーションへ