MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

1983年02月22日

超低燃費リッター当り180Kmを実現「ホンダ スーパーカブ50シリーズ」にスーパーカス タムを追加

 本田技研工業(株)は、すぐれた経済性や耐久性、扱い易さで好評のビジネス車「スーパーカブ50シリーズ」に驚異的な超低燃費(180Km/l:30Km/h定地走行テスト値)を実現した新設計エンジン搭載の「スーパーカスタム」タイプを追加し、2月23日より発売する。

 このスーパーカスタムに搭載した空冷4サイクル単気筒49ccエンジンは、省エネ化を図る ため吸気ポート部に「副吸気回路」を新たに採用。さらに、イグニッションコイルの改良 により電圧を高めスパーク性能を向上、すぐれた火炎伝播性能を発揮させ燃焼効率を向上させて いる。これらにより使用頻度の高い中・低速域での使い易さを重視しながらリッター当り180Kmのすぐれた燃料経済性をも同時に実現させている新エコノパワーエンジン(燃費=エコノミーと出力=パワーをともに向上させたエンジンという意の造語)である。

  • 副吸気回路は吸気チャンバーと副吸気通路で構成されている。この吸気チャンバーに混合気を 蓄えておき、吸入時にいきおいよく燃焼室内へ送り出すことによって燃焼室にたっぷりと混合気がつめこめるうえ、急速な混合気の流入が渦巻き(スワール)を発生し、これらの相乗効果によりすばやい燃焼がうながされ、燃費性能を高めている。

 スーパーカブは昭和33年8月に誕生。25年にわたり世界各国の人々に愛されて本年1月現在の累計台数は1500万台(生産累計、KD含む、自工会調べ)に達し、2輪車の単一車種生産台数では世界一である。

販売計画は、

国内年間120,000台を予定している。

標準現金価格は、

144,000円(セル付155,000円)である。

(北海道、沖縄価格は 3,000円高。その他一部離島を除く)

主要諸元

〈 〉内はセル付き

型式 C50
全長(m) 1.835
全幅(m) 0.660
全高(m) 1.085
最低地上高(m) 0.130
車両重量(kg) 78〈82〉
乾燥重量(kg) 74〈78〉
エンジン型式 C50E・空冷4サイクルOHC単気筒
排気量(cm3) 49
最高出力(PS/rpm) 5.0/8,000
最大トルク(kg-m/rpm) 0.50/6,000
登坂能力(tanθ) 0.38(約21度)
最小回転半径(m) 1.8
燃費(km/L)定地走行テスト値 180(30km/h)
変速機形式 エコノミードライブ付 新ロータリーチェンジ(4段)
始動方式 キック〈セル・キック併用〉
点火方式 CDI
燃料タンク容量(L) 4.0
フレーム形式 低床バックボーン
懸架方式(前/後) ボトムリンク/スイングアーム
タイヤサイズ 2.25-17-4PR
2.25-17-4PR

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。