MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1983年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1983年の目次へ

二輪製品ニュース
1983年2月15日
出力、燃費をともに向上、より軽快な走りを実現した
スポーティ・スクーター「ホンダリード50S」を発売


 本田技研工業(株)は、新鮮なデザインと軽快な走りで好評のスポーティ・スクーター「ホン ダリード50」に、出力と燃費を同時に向上させた「ホンダリード50S」を新たに追加し、2月16日より発売する。

 この「ホンダリード50S」は、より軽快な走りとすぐれた燃料経済性を発揮させるために、 空冷2サイクル50ccエンジンのシリンダー・ポート形状の変更、2極プラグの採用、さらにスクーター初のパワーエキゾーストシステム(排気効率にすぐれた音速ノズル型 エキゾーストポートや、ノズル型エキゾーストパイプを装備した大容量マフラー)などを採用。これらにより 50ccスクーターではトップの高出力(5.5馬力)と、すぐれた燃料経済性(84Km/L ・30Km/h定地走行テスト値)とを同時に実現している。
 また、50ccスクーター初の透過光式タコメーターの採用や、チューブレスタイヤーをはじ め、ホンダリード125で好評のエアスタビライザーを採用してフロントビューをさらに精悍に 引きしめるなど、スポーツライクなスクーターにふさわしい装備の充実を図っている。
 これにより、ホンダスクーターシリーズは、9機種25タイプと充実、より幅広いユーザーの要望に応えられるものとなった。

ホンダリード50S

 なお、販売計画は国内年間60,000台を予定している。
    標準現金価格は、164,000円
   (北海道、沖縄価格は3,000円高 一部離島を除く)である。


主要諸元
全長×全幅×全高(m)
1.675×0.665×1.070
乾燥重量(kg)
64
エンジン・排気量(cm3)
空冷2サイクル単気筒・49
最高出力(PS/rpm)
5.5/7,000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.59/6,000
登坂能力(tanθ)
0.38(約21°)
燃料消費率(km/L)
80(30km/h定地走行テスト値)
始動方式
セルフ式・キック式併用
変速機形式
オートマチック(Vマチック)
燃料タンク容量(L)
5.3


プレスルームへプレスインフォメーションへ