MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年12月10日
高性能水冷V型エンジン搭載のロードスポーツ車
「ホンダVF750F」「VF400F」の2機種を発売


 本田技研工業(株)は、水冷・90度V型・4気筒・DOHC・16バルブエンジンを搭載し、 数々の新技術を結集したスポーツバイク「ホンダVF750F」を12月11日より、また「V F400F」を12月15日より発売する。

 このVF750F、VF400Fに搭載したエンジンは、V型の挾み角を90度に設定し、一次振動を低減、これによりバランサーが不要となり、軽く、スリムでコンパクトな設計となって いる。また、燃焼効率の良いルーフ型燃焼室は吸排気効率の高い16バルブと相まって、高出力 (VF750F・72PS/9,500rpm VF400F・53PS/11,500rpm)と低燃費(VF750F・38Km/L VF400F・43Km/L・60Km/h定地走行 テスト値)を実現させている。
 VF400Fは、このクラストップの最高出力53PS/11,500rpmを発揮。
 フレームは、ともに軽量・高剛性のダブルクレードル型を採用。特にVF750Fは、レーサーと同じ構造を有する角型断面フレームを採用。(VF400Fは丸型断面)
 リアサスペンションには、ともにホンダ独自の開発によるプロリンク式リアサスペンションを採用。フロントにはトルク応答型アンチダイブ機構(TRAC)付エアサスペンションを採用。 さらに、これらは国内外の豊富なレース経験から生まれた、フロント16インチ(750ccク ラスでは初)軽量ブーメラン型オールアルミコムスターホイルなどの採用により、ロードスポーツバイクとしての卓越した操縦性を発揮させている。
 また、VF750Fには、4サイクルGPレーサーNR500などの苛酷なレース経験から生まれた世界初(2輪市販車としては)のバックトルクリミッター機構を採用、急激なシフトダウ ンによる後輪のホッピング防止を計っている。また、ブレーキにはトリプルディスクブレーキを 採用、ホンダ独自のブレーキ・トルク応答型アンチダイブ機構と相まって、すぐれた制動力を発 揮することができる。
 これにより750ccクラスのスポーツ車は5機種6タイプ、400ccクラスのスポーツ車は11機種12タイプと充実、より幅広いユーザーに応えられるバリエーションとなった。

VF750F
VF750F
VF400F
VF400F

 なお、販売計画は、VF750F 15,000台
          VF400F 36,000台を予定して いる。
    標準現金価格は、
          VF750F 748,000円
          VF400F 528,000円
 である。 (北海道と沖縄価格はVF750Fが7,000円高、
                VF400Fが6,000円高。ともに一部離島を除く)


◎その他の主な特長
エンジンレイアウトは一次振動を理論上“ゼロ”とする90度V型。
コンパクト化と高吸入効率を実現したスラント型VDキャブレター。
ラジエターはアッパー部(2個の薄型電動ファンを装備)とアンダー部に分けたデュアルラジ エターシステムを採用。さらにアンダー部のラジエターにはアンダーカウルも装着、機能とス タイリングを両立させた設計(VF750F)。
高速走行時のライダーの疲労軽減と空気抵抗を減らす、専用設計のフェアリングを採用(VF 750F)。
一体感あふれるフロントビューを構成した、精悍なイメージのフェアリング(メータバイザー) の採用(VF400F)。
スリムなエンジン幅にチェンジ機構を納めるため、遊星ギア式のコンパクトなシフト・メカニ ズムを採用(VF400F)。
夜間走行に、より有効な角型ハロゲンヘッドライトを装備(60/55W)。
軽くて強靱なジュラルミン鍛造セパレートハンドルを採用。
レスポンスの良い電気式タコメーターを採用。
タンク側面にレイアウトされたフューエルコックレバー。
軽量アルミダイキャストステップホルダー。


主要諸元表
 
VF750F
VF400F
型式
RC15
NC13
全長 (m)
2.160
2.060
全幅 (m)
0.770
0.750
全高 (m)
1.215
1.160
軸距 (m)
1.495
1.415
最低地上高 (m)
0.155
0.160
シート高 (m)
0.795
0.780
車両重量 (kg)
240
191
乾燥重量 (kg)
218
173
乗車定員 (人)
2
2
燃費 (km/L)
38(60km/h定地走行テスト値)
43(60km/h定地走行テスト値)
登坂能力 (tanθ)
0.46(約25度)
0.46(約25度)
最小回転半径 (m)
2.9
2.5
エンジン型式
RC07E・水冷4サイクル
V型DOHC4バルブ4気筒
NC13E・水冷4サイクル
V型DOHC4バルブ4気筒
総排気量 (cm3)
748
399
内径×行程 (mm)
70.0×48.6
55.0×42.0
圧縮比
10.5
11.0
最高出力 (PS/rpm)
72/9,500
53/11,500
最大トルク(kg-m/rpm)
6.1/7,500
3.5/9,500
キャブレター型式
VD61
VD40
始動方式
セルフ式
セルフ式
点火方式
フルトランジスタ
フルトランジスタ
潤滑方式
圧送飛沫併用式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量 (L)
3.0
3.0
燃料タンク容量 (L)
22
17
クラッチ形式
湿式多板ダイヤフラムスプリング
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段リターン
常時噛合式6段リターン
変速比     
1速
2.733
2.733
2速
1.894
1.850
3速
1.500
1.478
4速
1.240
1.240
5速
1.074
1.074
6速
0.931
減速比
2.588
3.000
キャスター (度)
28°10′
26°30′
トレール (mm)
96
91
タイヤサイズ
120/80-16 60H
100/90-16 54H
130/80-18 66H
110/90-18 61H
ブレーキ形式  
油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
(インボードベンチレーテッドディスク)
油圧式ディスク
油圧式ディスク
(インボードベンチレーテッドディスク)
懸架方式     
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
テレスコピック(円筒空気バネ併用)
スイングアーム(円筒空気バネ併用)
スイングアーム(円筒空気バネ併用)
フレーム形式
ダブルクレードル
ダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ