MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年10月29日
水冷2サイクルエンジン搭載のオフロードモデル
「ホンダMTX125R」を新発売


 本田技研工業(株)は、国内外のモトクロスレースで得たノウハウを生した新設計の水冷2サイクル124cc単気筒エンジンを搭載し、同時にホンダ独自のATAC(自動調整トルク増幅 排気システム)などを採用したオフロードモデル「ホンダMTX125R」を11月15日より 発売する。

 この「MTX125R」は、最高出力18PS/7500rpm、リッター換算145馬力の 高い動力性能を発揮するとともに、エンジン回転数に応じて自動的に排気容積を変える画期的システム・ATACの採用により高回転域での力強さと、2サイクルとは思えない中、低速域での粘り強いフラットなトルク特性を同時に実現し、低速から高速までスムースな走りを可能にしている。
 また、モトクロッサーのイメージをもつ力強いフォルムは、同時に軽量(乾燥重量99kg)、 コンパクト設計で、馬力当り重量5.5kgのパワーウェイトレシオで力強い走りを実現。さら にすぐれた路面追従性で好評のプロリンク・リアサスペンションとホンダ独自のフォーク機構を もつフロント・エアアシストサスペンション、幅広いギアレシオをもつ6速ミッションを採用。 285mmのロードクリアランスを確保しながら、足つき性の良いスリムなボディ、自由なライ ディングポジションが得られる形状の大型シートなどにより、すぐれたオフロード走破性を発揮 するとともに、市街地走行から林道ツーリングまで、さまざまなスポーティ走行が楽しめるもの となっている。

ホンダMTX125R

  なお、販売計画は、国内年間12,000台を予定している。
  標準現金価格は、249,000円
   (北海道、沖縄価格は5,000円高、一部離島を除く)


◎その他の主な特長
エンジンは、パワフルで扱い易い出力特性をもつ水冷2サイクル単気筒124cc。最高出力18PS/7500rpm、最大トルク1.7kg−m/7000rpm。
ラジエターは、下からの泥などのつきにくい位置にレイアウト。シングルコア・オールアルミ製を採用し、軽量で高効率なラジエターシステム。
軽量かつ高剛性な高張力鋼管採用の角型断面中空リアフォーク。
ラジエターの冷却効果を高めるエアインテーク付大型フロントフェンダー。
可倒式のチェンジ、ブレーキペダルの採用。
泥、砂などからメーターの汚れを防ぐ精悍なメーターバイザー。
見やすい角度にセットされたスピードメーター、タコメーターと機能的にレイアウトされた各種インジケーター。
夜間走行に威力を発揮するハロゲンヘッドライト(35/36.5W)。
テールライトを下にセットしたモトクロッサーイメージのリアフェンダー。
レバーには、操作性を高めた新設計のドッグレッグタイプを採用。
12V・3Aのコンパクトなバッテリーを採用。


主要諸元
型式
JD05
全長(m)
2.085
全幅(m)
0.830
全高(m)
1.175
軸距(m)
1.350
最低地上高(m)
0.285
シート高(m)
0.845
車両重量(kg)
109
乾燥重量(kg)
99
乗車定員(人)
2
燃費(km/L)
55(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.40(約22度)
最小回転半径(m)
2.0
エンジン型式
JD05E・水冷2サイクル・ピストンリードバルブ単気筒
排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
56.0×50.6
圧縮比
7.5
最高出力(PS/rpm)
18/7,500
最大トルク(kg-m/rpm)
1.7/7,000
キャブレター型式
PE60
始動方式
プライマリーキック
点火方式
無接点式CDI
潤滑方式
分離潤滑式
潤滑油容量(L)
1.8
燃料タンク容量(L)
9.0
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比      
1速
3.090
2速
2.000
3速
1.473
4速
1.136
5速
0.958
6速
0.807
キャスター(度)
27°30′
トレール(mm)
112
タイヤサイズ   
2.75-21-4PR
4.10-18-4PR
ブレーキ形式   
機械式リーディングトレーリング
機械式リーディングトレーリング
懸架方式     
テレスコピック
スイングアーム(プロリンク)
フレーム形式
セミダブルクレードル


プレスルームへプレスインフォメーションへ