MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年10月15日
ホンダ スクーターシリーズを充実
「ホンダ・スペイシー80」と「ホンダ・リード125」を 発売


 本田技研工業(株)は、便利な乗りもの、経済的な乗りものとして好評のホンダスクーターシリーズに、静かな4サイクルエンジンを搭載した4サイクルスクーターの第2弾「ホンダ・スペイシー80」と力強い2サイクルエンジン搭載の「ホンダ・リード125」の2機種を10月16日より発売する。

 このホンダ・スペイシー80は、今年5月に発売した斬新なデザインの〈スペイシー50〉に つづく4サイクルスクーターの第2弾として開発。76cc、6.5馬力のエンジンは、4サイクルエンジンの特長であるすぐれた燃料経済性(72.0Km/l:50Km/h 定地走行テスト値・2人乗り時)と静粛性を実現している。
 ホンダ・リード125は、今年2月に発売した活動的なデザインのスクーター〈リード50/ 80〉につづく125ccモデルとして開発。2サイクル、124ccのエンジンは、5ポート設計のシリンダーの採用などで10馬力を発揮。これにより、軽快で快適な走りが楽しめ、市街地走行はもとより、ロングツーリングも可能な設計としている。

 これによりホンダのスクーターシリーズは、2サイクルと4サイクルで、50ccから125ccまで9機種23タイプと充実、より巾広いユーザーに応えられるシリーズとなった。

スペイシー80
スペイシー80
  リード125
リード125


◎主な特長
スペイシー80
4サイクルエンジンの特長である経済性、静粛性、耐久性にすぐれた空冷4サイクル76ccOHC単気筒エンジンを搭載。
CV型キャブレターと3速フルオートマチックの採用により、低速から力強くスムーズな走りを実現。
快適な乗り心地を発揮する油圧ダンパー付ボトムリンク・クッション(前輪)と油圧ダンパー付サスペンション(後輪)の採用。
未来感あふれる車体デザインで、インストルメントパネルには電子技術を駆使した、マイクロコンピューター内蔵による液晶デジタルスピードメーターなどを採用。
レザー調仕上げのロングシートは、2人乗りでもゆとりをもった余裕ある設計。また、ピリオンステップはスマートな折りたたみ式。
風やホコリを防ぐ、キズのつきにくいハードコート仕上げのウインド・シールド付のタイプも用意。(近日発売予定)

リード125
新設計の124cc、空冷2サイクルエンジンを搭載。掃気効果にすぐれた5ポート設計のシリンダーや、新開発の2極ワイドギャッププラグなどを採用。
リード50/80で好評の、扱い易いトルクセンサー付Vマチックをさらにレベルアップ。高性能エンジンとあいまって、軽快で快適な走りが可能。
前輪は油圧ダンパー付ボトムリンク・クッション。後輪は油圧ダンパーを両側に装備したダブル・サスペンションを採用。これらにより2人乗り走行でも快適な乗り心地を実現。
躍動的でスポーティなデザインは、同時に広々とした乗車スペースを創り出し、ゆったりとした乗車姿勢がとれる設計。
斬新なデザインのゴールド色キャストホイールを採用。
スペイシー80と同様に、風やホコリを防ぐ、キズのつきにくいハードコート仕上げのウインド・シード付のタイプも用意。(近日発売予定)


●価格・台数
  標準現金価格 販売計画(国内・年間)
スペイシー 80 199,000円 24,000台
リード 125 238,000円 50,000台
※北海道、沖縄価格はスペイシー80:3千円高、リード125:5千円高である。
※ウインドシールド付は近日発売予定で、スペイシー80:1万6千円高、 リード125:1万8千円高である。



●主要諸元表
タイプ
項目
スペイシー 80
リード 125
型式
HF 02
JF 01
全長×全幅×全高(m)
1.725×0.675×1.060
1.750×0.645×1.090
乾燥重量(kg)
76
84
車両重量(kg)
81
91
エンジン型式
HF 02E(空冷4サイクル単気筒)
JF01E(空冷2サイクル単気筒)
排気量(cm3)
76
124
最高出力(PS/rpm)
6.5/7,500
10/6,500
最大トルク(kg-m/rpm)
0.66/6,000
1.3/5,000
最小回転半径(m)
1.8
1.7
登坂能力(tanθ)
0.30(約16.5度2人乗り時)
0.24(約14度2人乗り時)
燃費(km/L)
72.0(50km/h定地走行テスト値)
55.0(50km/h定地走行テスト値)
変速機形式
3速フルオートマチック
オートマチック(Vマチック)
始動方式
セル、キック併用
セル、キック式併用
点火方式
CDI
CDI
燃料タンク容量(L)
5.0
7.0
タイヤサイズ(前、後とも)
3.50-10-4PR
3.50-10-4PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ