MENU

HONDA

検索

ニュースリリース

1982年10月13日

新しいカテゴリーの乗りもの〈スリーター〉の第2弾 不整地や雪道で走行が可能な「ホンダジャイロX」を発売

 本田技研工業(株)は、スリーホイールの新感覚な乗りもの〈スリーター〉の第2弾として、 不整地や雪道での走りを可能にした「ホンダ ジャイロX」を10月14日から発売する。

ホンダジャイロX

ホンダジャイロX

 この「ジャイロ X」は、2サイクル49cc5馬力の新設計エンジンを搭載。さらに、なめらかでショックがないVマチック機構とコーナーリング時にフロントボディが左右にスイングするナイトハルト機構により、3輪の安定性とバイクの持つ軽快な操縦性を兼ね備えた新感覚の乗 りものである。
 さらに、ノンスリップデフ機構、ワイルドパターンの低圧ワイドタイヤを(※)新装備したことにより、不整地や雪道、坂道などでの優れた走破性能を発揮させている。
 デザインは、アウトドアライフイメージの外観をもつ独創的で漸新なスタイルを採用している。 さらに荷物を前後に積めるフロントデッキとリア大型キャリアとによって、実用性と使い勝手の よさを一層強調したものとなっている。
 これによりホンダの〈スリーター〉は、乗用車感覚を備えた「ストリーム」と、この「ジャイロX」の2機種となった。

  • ジャイロXにはワンタッチパーキング、ノンスリップデフ、スイング機構など76(特許・意匠・実用新案の出願合計件数)にもおよぶホンダ独自の先進技術が盛り込まれている。
  • スリーターというカテゴリーは「スリーホイールで、スイング機構をもち2輪車の軽快性と4輪車の快適性を合わせもつ乗りもの」という意味あいで定義した。
  • 車名のGYRO(ジャイロ)は、本来羅針儀のことであるが、Gはグレート(偉大な)、Yはユアーズ(あなたのもの)、Rはレクレーショナル(娯楽の)、Oはオリジナル(独特の)などの頭文字によってできている。つまり、「優れた多目的性をもつ(仕事からレジャーまで)独特の乗りものということで、これから次々と楽しい使い方が生まれてくる可能性を秘めている=未知数x=もの」の意味あいをもたせて名づけた。

販売計画は、

国内月販 5,000台

標準現金価格は、

179,000円

(北海道、沖縄価格は3,000円高、一部離島を除く)

主な特長

スイングする新感覚の走り

  • 適度な復元力をもつナイトハルト機構のラバースプリングにより、スイングしながらの爽快なコーナーリングを実現。
  • リア駆動軸にデファレンシャル・クラッチを装備、内輪と外輪の回転差数が自動的に調整されるため、思い通りのコーナーリングを実現。
  • スリーホイールであることと、リアブレーキに採用したイコライザー機構とによりすぐれたブレーキ効果を発揮。
  • ギアチェンジのいらないオートマチック機構。

不整地や雪道で頼もしさを発揮する走破力

  • ぬかるみや雪道などスリップしやすい路面状態でも頼もしい走破性能を発揮するノンスリップデフ機構を新装備。
  • 粘り強くパワフルな走りをもたらす新設計エンジン(空冷2サイクル単気筒49cc5.0馬力)。
  • ぬかるみや雪道に威力を発揮するワイルドパターンの低圧ワイドタイヤを新装備。

機能的で扱い易い親切設計

  • 2輪車のようなスタンドが不要、駐車の楽なワンタッチ操作のパーキングロック機構。
  • ウインカーとヘッドライト(Hi-Low切り替え)のスイッチを一体化した新採用のデュアルスイッチ。
  • ポジションランプとヘッドライトの切り替えが同一ボタンでおこなえる新設計プッシュ式ロータリースイッチ。
  • ボタン1つで始動できるセルスターター。また、ワックスタイプのバイスタ内蔵キャブレターによりいつでもスムーズ始動。
  • ハンドルバイザーにガードされた新感覚のインストル・メントパネル。
  • パーキングロックされていることを知らせるパーキングインジケーター。
  • 防風、防雨のためのジープ感覚のウインドシールド。
  • ロングツーリングにも余裕の5l大型燃料タンク。
  • 薄暮時から夜間まで安心して走行できる30W/30Wのブラックトップ・ハロゲンライト。
  • オイルの補給時期を適確に知らせる高輝度LEDの新オイルインジケーター。
  • 前後に荷物が積めるフロントデッキとリア大型キャリア。
  • フロントビューをひきしめ、足もとを泥や水はねから防止する開閉自在のウイングバイザー。
  • ユニークな風抜き窓のフロントベンチレーター。

主要諸元

型式 TD01
全長×全幅×全高(m) 1.595×0.625×1.395
乾燥重量(kg) 81
車両重量(kg) 86
燃費(km/L) 71.0(30km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ) 0.34(約19度)
最小回転半径(m) 1.7
エンジン型式 TD01E(空冷2サイクル単気筒)
排気量(cm3) 49
最高出力(PS/rpm) 5.0/6,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.56/5,000
燃料タンク容量(L) 5.0
始動方式 セル・キック併用
点火方式 CDI
変速機形式 自動遠心無段変速(Vマチック)
タイヤサイズ(前/後) 3.75-8-2PR/5.4-6-4PR
  • 定地燃費は定められた試験条件のもとでの値です。
    したがって走行時の気象・道路・車両・整備などの諸条件により異なります。

お客様からのお問い合わせは、 「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」へお願い致します。