MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年2月25日
プロリンク・リアサスペンションなど
悪路踏破機能を大巾に向上させ
「ホンダXL125R」を 発売


 本田技研工業(株)では、市街地の走行から、山野の未舗装路走行まで、快適に走破できるホ ンダ4サイクル・OHC・124cc単気筒エンジン搭載のランド・スポーツ車「ホンダXL125R」を3月5日より発売する。

 この「ホンダXL125R」は、オンロード・オフロードでの走破性能を一段と向上させる為 ホンダ独自のプログレッシブ(路面からのショックを緩急に漸増的に対応する)なクッション特 性を発揮する革新的なプロリンク・リアサスペンションを装備、また、フロント・フォークにも 独自のフイックス・ブッシュ・フロントフォーク(フォークパイプとボトムケースのフリクション低減をはかる)機構とフロント・エアアシスト・サスペンションを採用、これらのサスペンショ ンと中・低速域でのトルク向上を図ったエンジンにより、悪路から舗装路まで優れた、操縦性と 乗り心地を発揮させている。
 さらには、タンクやシート形状の変更、サイドカバー部のスリム化、メーターバイザーの採用 など、機能優先のデザインにより、オフロード感覚あふれるスタイリングとなっている。

 このたび、この車に採用されたプロリンク・リアサスペンションは、ホンダのモトクロスマシンに装着し、国内外の苛酷なレースでその高い性能と耐久性が実証された革新的なサスペンショ ンである。

 なお、販売計画は、国内年間12,000台を予定している。
 標準現金価格は、228,000円(北海道、沖縄、一部離島を除く)


◎主な特長
エンジンは、エアクリーナーの容量アップ、マフラー形状の変更などにより、中・低速域での出力向上を図った4サイクル・OHC単気筒エンジン(124cc)、信頼性の高い安定した点火性能を発揮し、メンテナンスを必要としないCDI点火方式を採用。
プログレッシブなクッション特性を発揮するプロリンク・リアサスペンション(トラベル175mm)と、フロント・エアアシスト・サスペンション(ストローク204mm)で優れた接 地性を実現し、オフロードでも安定した走破性能を発揮。
プロリンクは超高張力鋼板による角型断面リアフォークを採用し、軽量で高い剛性を実現。
スリム化をはかりながら剛性を高めた新設計のフレーム、タンクやシート形状にいたるまで、 機能優先のニューデザインによる操縦性の向上。
12ボルト・3アンペアの小型バッテリーの採用。など。


XL125R 主要諸元
型式
JD04
全長×全幅×全高(m)
2.065×0.840×1.175
ホイールベース (m)
1.355
最低地上高 (m)
0.265
シート高 (m)
0.840
車両重量(kg)〔乾燥重量〕
114 〔106〕
燃費(km/L)
60(50km/h定地走行テスト値)
登坂能力(tanθ)
0.40(約22度)
エンジン型式
1,125SE空冷4サイクルOHC単気筒
排気量(cm3)
124
内径×行程(mm)
56.5×49.5
最高出力(PS/rpm)
12/9,000
最大トルク(kg-m/rpm)
1.0/7,500
点火方式
無接点式CDI
燃料タンク容量(L)
8
潤滑油容量(L)
1.1
変速機
6段リターン
ブレーキ形式(前・後)
機械式 リーディングトレーリング・ドラム
キャスター(度)
27°50′
トレール(mm)
118
タイヤ(前・後)
2.75-21-4PR(前)   4.10-18-4PR(後)


プレスルームへプレスインフォメーションへ