MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1982年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1982年の目次へ

二輪製品ニュース
1982年1月14日
新感覚の本場アメリカンスタイルを採用した
ファッショナブルな感覚あふれる
「ホンダCB650ラグジュアリーカスタム(LC)」を発売


 本田技研工業(株)は、新感覚のアメリカンスタイルを豪華な雰囲気を持つデザインでまとめ あげたツーリングバイク、CB650LCを1月15日より発売する。

 このCB650LCは、カスタムバイクの本場アメリカでデザインされたバイクで、ファッショ ナブルで充実した数々の装備をそなえている。
 エンジンは、信頼性と燃料経済性にすぐれた4サイクル626cc OHCエンジンを搭載、しかも常に適切な乗車姿勢が得られる新しい形状のハンドルと、足着き性のよいシート(シート 高770mm)により、軽快な操縦性を求められるスポーティ走行から、高速道路などのゆった りとした走行まで、幅広く楽しめるバイクである。
 フロントは、すぐれた制動力を発揮するデュアルピストンキャリパー式ダブルディスクブレー キを採用、またエアー圧併用サスペンションとバネ下寸法の変更により、すぐれた乗り心地と路面追従性を発揮させている。
 スタイリングは、タンクからサイドカバー、そしてリアカウルへと流れるような一体感あるファッショナブルな新感覚デザインとなっている。

  なお、販売計画は、年間 3,000台を予定している。
  標準現金価格は、518,000円
  (北海道、沖縄価格は、7,000円高一部離島を除く。)


◎主な特長
OHC・4気筒エンジン、総排気量626cm3、53馬力、点火方式は、トランジスター無接点式。また自動カムチェーンテンショナーなどの採用により、メンテナンスフリーへの配慮もされている。
ヘルメットホルダーを一体化した、アルミダイキャストリアグリップの採用。
ラグジュアリーな感覚を更に強調する、迫力あふれるブラック塗装エンジン及びアルミ合金製のステップホルダーの採用。
新感覚あふれるデザイン・メーターパネルの採用。
適切なライディングポジションが得られ、乗り心地と足付き性を両立させた高密度ウレタンシート。


主要諸元
型式
RC 05
全長×全巾×全高 (m)
2.210×0.860×1.150
軸距 (m)
1.490
最低地上高 (m)
0.145
シート高 (m)
0.770
車両重量 (kg)
217
乾燥重量 (kg)
204
乗車定員 (人)
2
燃費 km/L(60km/h定地走行テスト値)
36
登坂能力 (tanθ)
0.46(約25度)
最小回転半径 (m)
2.7
エンジン型式
RC03E
総排気量 (cm3)
626
内径×行程 (mm)
59.8×55.8
圧縮比
9.6
最高出力 (PS/rpm)
53/8,500
最大トルク (kg-m/rpm)
4.6/7,500
キャブレター型式
VB54
点火方式
トランジスタ無接点式
始動方式
セルフスターター式
燃料タンク容量 (L)
13
潤滑油容量 (L)
3.5
クラッチ形式
湿式多板コイルスプリング
変速機形式
常時噛合式5段
変速比         1速/2速/3速
2.692/1.777/1.333
4速/5速
1.041/0.884
減速比
2.235 38T
ブレーキ形式(前/後)
油圧式ダブルディスク/機械式ドラム
懸架方式(前/後)
テレスコピック式/スイングアーム式
キャスター(度)/トルール(mm)
29°20′/107
タイヤサイズ(前/後)
3.50S19-4PR/130/90-16 67S


プレスルームへプレスインフォメーションへ