MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1981年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1981年の目次へ

二輪製品ニュース
1981年2月24日
使いやすさをさらに向上させた
ホンダ「カレン S」新発売


 本田技研工業(株)は、発売以来、可憐なスタイルと取扱いのしやすさで好評のフロアーステップタイプのホンダカレンシリーズに、新たに実用性と機能性をさらに向上させたバーステップタイプの「カレン S」(セルフスターター付)を加え2月25日より発売する。
 このカレンSは、風や泥ハネから足元を守るスクーター感覚の大型レッグシールドやサイドスタンドなどを採用、同時に登坂性能をさらに高め山坂道の多い地域での使いやすさの向上を計った。
 ホンダカレンは、昭和54年9月7日に発売以来、ワンタッチでエンジン始動が出来るセルフスターター(NX50M)や、なめらかな走りが得られるオートマチックなど数々の新機構の採用で、使いやすく、軽快な走りが出来るファミリーバイクとして、女性を中心に巾広いお客様に好評を得ている。
 この発売によりカレンシリーズは、フロアーステップタイプと、バーステップタイプの2タイプとなり、都市部から郊外・郡部までより巾広いお客様の用途に応えられるものとなった。

 なお、生産計画は月産4,000台(国内のみ)を予定している。
 標準現金価格は、113,000円。(北海道価格3,000円高、一部離島を除く)

ホンダ カレン S
ホンダ カレン S

◎ホンダカレンSの主な特長
ワンタッチでエンジン始動が出来るセルフスターター付
山坂道などの走行性能を向上させたバーステップの採用
実用性の高いサイドスタンドを標準装備
風や泥ハネから足元を守るスクーター感覚の大型レッグシールドの採用
登坂能力の向上で余裕のある坂道発進と坂道走行

充実の装備
大きな荷物が積める大型リアキャリアを標準装備
便利で扱いやすいヘルメットホルダー
2モーションタイプのハンドルロックの採用
角度調整が容易に出来るボールジョイント式バックミラー
オイルの補給時期を知らせるオイル残量警告灯の採用(0.5L以下で点灯)などの充実した装備。


主要諸元表
型式 ホンダAB04 カレンS
全長(m) 1.550
全幅(m) 0.620
全高(m) 0.975
軸距(m) 1.095
最低地上高(m) 0.110
車両重量(kg) 60(乾燥重量57)
燃費(km/L)
(30km/h時定地走行テスト値)
75
登坂能力(tamθ) 0.27=約15.5°
最小回転半径(m) 1.5
エンジン形式 空冷2ストローク単気筒
総排気量(cm3) 49
内径×行程(mm) 40.0×39.3
圧縮比 7.3
最高出力(PS/rpm) 3.1/5,500
最大トルク(kg-m/rpm) 0.43/4,500
始動方式 セルフ,キック併用
潤滑方式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 1.2
燃料タンク容量(L) 3.0
クラッチ形式 乾式多板シュー式
変速比 1.000〜2.000(無段変速式)
減速比 第1 2.833・第2 3.916
フレーム形式 低床バックボーン式
タイヤサイズ 前 2.75-10-2PR
タイヤサイズ 後 2.75-10-2PR


プレスルームへプレスインフォメーションへ