MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1981年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1981年の目次へ

二輪製品ニュース
1981年1月20日
世界初の超低燃費リッター100Km(30Km/h定地走行テスト値)を実現した4サイクルエンジン搭載の新型「シャリイ」新発売

 本田技研工業(株)は、4サイクルファミリーバイクとして昭和47年7月発売以来好評のシャリイに、世界初の超低燃費100Km/l(30Km/h定地走行テスト値)と出力向上を両立 させたエコノパワーエンジン搭載の新型シャリイ・50(2機種)と新型シャリイ・70を1月 21日より発売する。

 この新型シャリイに搭載のエコノパワーエンジンは、《燃焼室のコンパクト化》、ピストン部 の軽量化による《フリクション(抵抗)の低減》大型エアクリーナーの採用による《吸気効率の 向上》、ピストンバルブ式キャブレター採用による《燃費及び低中速域の出力向上》などにより、 超低燃費(シャリイ・50 100Km/l・30Km/h定地走行テスト値)と出力向上(シャ リイ・50 3.5ps/7000rpm)を満足させたもので、4サイクルエンジンの特性を 更に活かした静粛性、耐久性、経済性にすぐれたエンジンである。
 特に、新型シャリイ・50には、ホンダでは初めての発進から加速までスムースに変速する3 速オートマチック車を用意している。

シャリイ50
シャリイ50

  販売計画は、両機種合せて年間140000台
  標準現金価格は、シャリイ・50 123000円(AT車は6000円高)
          シャリイ・70 128000円
               (北海道価格3,000円高、一部離島を除く)

◎主な特徴
エンジンは、世界初の超低燃費と出力向上を実現したエコノパワーエンジンを搭載
4サイクルのこのクラスでは初のCDI(電子点火)装置の採用
4サイクルではホンダ初のオートチョークの採用(AT車のみ)
メインテナンスフリーのカムチェーンオートテンショナーの採用
初心者でも安心して操作ができ、発進から加速まで力強くスムースに変速する3速オートマチッ ク(シャリイ・50)
停車時にはスムースにニュートラルにチェンジできるロータリーチェンジ機構
振り子式自動遠心クラッチ採用で耐久性を高めたクラッチ機構
充実の装備
買い物袋の入りやすい深いフロントバスケット(標準装備)
角度調整が容易なバックミラー
シャープな角型ヘッドライトと方向指示灯
安全運転に適した乗車姿勢が得られるセミロングシート
静粛性、出力を向上させたマフラー
操作性がさらに向上した燃料計付タンクキャップ
安心して駐車できる本格的シートロック
操作の楽なメインスタンド


主要諸元
型式
シャリイ・50
シャリイ・50AT
シャリイ・70
全長 (m)
1.650
全幅 (m)
0.645
0.655
0.645
全高 (m)
0.995
重量 (kg)
78
79
乾燥重量 (kg)
75
76
軸距 (m)
1.100
1.105
エンジン型式
空冷4サイクルOHC
排気量 (cm3)
49
72
最高出力(PS/rpm)
3.5/7000
4.2/7000
最大トルク(kg-m/rpm)
0.38/5000
0.52/5000
燃料タンク容量 (L)
2.8
2.8
2.8
(※)燃料消費率 (km/L)
100
70
タイヤ     
(前)
3.50-10-2PR
(後)
3.50-10-2PR
ブレーキ
(前)
リーディングトレーリング
(後)
リーディングトレーリング
フレーム型式
プレスフレーム
シャリイ・50(ATを含む)は30km/h定地走行テスト値、シャリイ・70は50km/h定地走行テスト値
シャリイ・50ATには、セル付もあります。



プレスルームへプレスインフォメーションへ