MENU

HONDA

検索

プレスインフォメーションへ
1980年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1980年の目次へ

四輪製品ニュース
1980年1月22日
ホンダ初のステーションワゴン
ホンダ シビックカントリーを発売


 本田技研工業(株)は、広いラゲッジスペースを持ち広範な用途に使用できるステーションワゴン「シビックカントリー」を1月23日より発売する。

 このシビックカントリーは、多様化、個性化するカーライフに応える車として開発。ゆったり とした居住空間と高い質感を持ち、しかも新型シビックで好評の1500cc新CVCCエンジ ンを搭載、すぐれた経済性と高い動力性能をそなえた、用途の広いステーションワゴンである。
また、シビックカントリーには5速ミッション仕様とホンダマチック仕様の2タイプを設定した。
 なお、販売計画は国内月販 1,000台を予定している。

シビック カントリー クイント TL
シビック カントリー クイント TL


主な特長
快適な居住性の追求から生まれた広い室内。 (室内寸法・長さ1,720m/m 幅1,2 90m/m)
質感を高めたフルトリムとカラーコーディネーション。
リヤシートバックは、使い勝手にあわせて4段階に角度調節が可能なバリアブルシート。
後席をたたむとフラットな床面の広いラゲッジスペースができ、かさばったものでもらくに積 み込める。
燃料経済性が高く動力性能にもすぐれた、1,488cc、80馬力の新CVCCエンジンを 搭載。
緊急時自動ロック装置(ELR)付3点式シートベルトを前席に採用。装着にわずらわしさが すくなく、使用しないときは自動的にピラー内に収納される。
テールゲートは運転席横のボタンを軽く押すだけで、テールゲートのロックが解除できる電磁 式テールゲートオープナー付。
セットすれば外からしか開かない後席ドアチャイルドプルーフ機構を採用。
スタイリングをひきしめるサイドプロテクションモール。
155SR−13スチールラジアルタイヤを装備。
木目調サイドパネルは発売記念として1,500台は標準装備、以降は現地オプションとなる。


シビックカントリー 主要地区標準現金価格
(単位:千円)
ミッション/地区 東京 名古屋 大阪 福岡 札幌 仙台
5速 950 952 956 971 989 971
AT 970 972 976 991 1,009 991
○AT:ホンダマチック仕様。
○エアコン 145千円高。
○札幌、仙台は、寒冷地仕様分5千円含む。

*主要諸元



プレスルームへプレスインフォメーションへ