MENU

HONDA

検索


プレスインフォメーションへ
1979年ニュースインデックスへ
プレスルームへプレスインフォメーションへ

Press Information
■1979年の目次へ

二輪製品ニュース
1979年8月3日
アメリカンスタイルの中排気量2輪車
「ホンダ CM400T」を発売


 本田技研工業(株)は、乗りやすく取り回しの楽な2輪車「ホンダCM400T」を8月4日 から全国一斉に発売する。(54年騒音規制適合)

 このCM400Tは、軽快な操縦性で好評を得ている「ホンダホークII・CB400T」を ベースに、アップハンドル、涙滴型タンク、段付シートなどを装備した、低速走行から高速走行 までスムーズな走りが楽しめるアメリカンスタイルの2輪車である。
 これによりホンダのアメリカンスタイル2輪車は、CM125T、GL400・500カスタ ム、CM400Tの4機種となり一層充実したものとなった。

 なお、生産計画は年産29,000台(輸出を含む)を予定している。
 標準現金価格は、349,000円である。(北海道・一部離島を除く)

CM400T
CM400T

◎主な特長

CB400Tで定評のある、排気量395cc、40馬力、OHC2気筒、バランサー付高性能エンジンを搭載。点火装置はCDI方式を採用。
アップハンドル、低く座り心地の良い段付シート、より前方へ移動したフットレストにより、ゆったりとした乗車姿勢がとれる。
黒塗りスポークプレートのコムスターホイール、流れるようなラインの涙滴型タンク、スポ ティーなマフラー、各部に施したクロームメッキなどにより、斬新で高級感ある車体デザインとした。
後輪には、路面接地性の高い迫力ある16インチワイドタイヤを装着した。また、新たに設計したリヤダンパーによりソフトな乗り心地となった。


CM400T 主要諸元 〈型式名 ホンダNC01〉
全長 (m)
2.125
全幅 (m)
0.870
全高 (m)
1.150
軸距 (m)
1.425
最低地上高 (m)
0.140
車両重量 (kg)
184(整備),174(乾燥)
燃料タンク容量 (L)
10
燃料消費率 (km/L)(60km/h定地走行テスト値)
36
登板能力 (tanθ)
0.46
最小回転半径 (m)
2.4
エンジン形式
空冷4サイクルOHC3バルブ2気筒
総排気量 (cm3)
395
内径×行程 (mm)
70.5×50.6
圧縮比
9.3
最高出力 (PS/rpm)
40/9,500
最大トルク (kg-m/rpm)
3.2/8,000
始動方式
セルフ式,キック式併用
一次減速比
3.125
   1速
2.733
   2速
1.850
   3速
1.416
   4速
1.148
   5速
0.965
最終減速比
2.187
フレーム形式
ダイヤモンド式
キャスター (度)
29°30′
トレール (mm)
108
タイアサイズ (前)
3.50S18-4PR
(後)
4.60S16-4PR
ブレーキ形式 (前)
油圧式ディスク
(後)
機械式リーディングトレーリング



プレスルームへプレスインフォメーションへ